YAMANASHI SDGs PROJECT

 新体制がスタートした7月1日、山梨日日新聞で「山梨発SDGs」と題し、山梨県内の企業のSDGsの取り組みが特集されました。

 ジットグループの取り組みのひとつも、取材を受け掲載されました。

 私たちジットグループではSDGsの1から17の目標の全てにおいて、2030年までの具体的な達成目標を掲げ、4月5日「SDGs宣言式」を行いました。毎月進捗の確認をしながら、持続可能な社会の実現に向けて取り組んでおります。
 その取り組みの一つが今回紹介された、使用済みのインクカートリッジの回収と、障がい福祉サービス事業所の運営です。1999年に世界で初めて、使用済みインクカートリッジを再利用したリサイクルインクを商品化しました。今では日本中の皆様のご理解とご協力のおかげで、年間2500万個のインクカートリッジが回収されます。そしてその全国各地から集まった使用済みインクカートリッジの選別作業を、NPO法人ジット会で働くハンディキャップを持つメンバーさんが担っています。
 しかしながらまだ半分以上のインクカートリッジが一般ゴミとして破棄処分されております。一つでも多く、インクカートリッジの回収を増やすことでCO2の発生を抑制するとともに、ハンディキャップをもつ皆さんが社会の一員として活躍できる場所を提供することができます。今後もリサイクルの輪がもっともっと全国の皆さんに広がり、「住み続けられるまちづくりを」実現していけるように取り組んでまいります。

 嬉しい事は重なります。同じ日に浴衣フェアの記事の掲載があり、当グループの山梨Madeに触れて頂きました。

 山梨Madeは、山梨県の岡島百貨店様他、様々な店舗で商品を販売させていただいておりますが、名古屋にある大丸松坂屋百貨店様にも出店をしております。この名古屋の店舗は山梨県のアンテナショップ「ワイン県やまなし情報館」としての役割も果たしていて、大好きな地元山梨のアピールをさせていただいております。その大丸松坂屋様とのご縁もあり、山梨Madeが仲介させて頂き、SDGsの活動の一環として松坂屋名古屋店様から山梨県への浴衣の寄付が実現致しました。子どもたちの楽しい夏の思い出のひとつになったのではないかと思っております。

 この日、山梨県内における他社様のSDGsの活動もたくさん紹介されており、「みんな一緒に」同じ目標に向かって取り組むことで、必ず10年後、20年後、110年後の未来が明るく、笑顔でいっぱいの世界になると改めて感じました。

 私たちも、グループで掲げたSDGsの17の項目の具体的な目標を必ず実現し、持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。

新体制 第31期 始動

 2021年7月1日、ジット株式会社の第31期がスタートしました。昨日、新社長にバトンを渡し、新体制での朝礼から始まりました。いつもと同じようで、まったく違う朝を、私も新社長もそして従業員の皆さんも真新しい気持ちで迎えました。


新社長からの挨拶


新しいスタートを祝い、新社長がくす玉を割りました


朝から沢山の祝い花が届き、大変驚きました。皆様の温かさに感謝、感激です。

ジットブルーのとても美しい祝い花


情熱と熱い念いが溢れる迫力の真っ赤な祝い花


大変立派な胡蝶蘭がひっきりなしに届きました。1階と2階のロビーから階段まで綺麗な花でいっぱいです。







祝電も沢山頂きました。感謝、感謝です


31期のスタートを祝う打ち上げ花火。念いが天に届いたのか、朝から降り続いていた雨がこの時間だけ止みました。


新社長が初めてグループ全員の前で話をしました


31期初の集合写真です


ここまで一緒に歩み、そして、今からのジットを一緒に創っていく従業員の皆さん1人ひとりへ、感謝と未来への祈りの念いを込めての記念品を贈呈しました。



 新社長からの挨拶には、何度も、”ここまでの30年を積み重ねてきた軌跡とその軌跡を残してきた社員の皆さんの念い=創業の精神を大切に、新しいジットを皆で創っていきたい”という言葉がありました。

 会社は時代の流れを掴みながらどんどん変化していきますし、そうでなければならないと思っております。しかし、絶対に変わらない根っこも、私たちが目指すゴールも”創業の精神”です。新社長のもと、人様に役立つ仕事とサービスで生かされている命を燃やしながら、新体制のジット株式会社は山梨から日本を元気にできる企業を目指して全力前進してまいります。

 数多くの皆様に支えられてジットがあることを改めて感じた31期初日。沢山の温かいお心遣いに有難い気持ちで一杯です。心より感謝、感謝、感謝申し上げます。今後とも、ジット株式会社をよろしくお願い致します。

第30期締め括りの日

 2021年6月30日、私がジットの社長として仕事をする最後の日を迎えました。創業時より公言してきた通り、7月1日31期より新社長にバトンを繋ぎます。

 1991年7月7日に会社を興してから節目の30年、素晴らしい出会いと様々な出来事がありました。30期最後の社長講習では、新卒採用で入社してくれた1期生から15期生、また創業から力を貸してくれた創業メンバーまで全社員が参加しました。

 
まず、前日に仕上がったばかりの最新バージョンの「創業のムービー」を全員に見てもらい、私の創業への念い、そして今日までのジットの歩みを振り返ることができ、とても感動しました。


そして、私からは今からのジットグループの方向性と未来のビジョン、熱い念いを伝えさせてもらいました。


社長講習の最後には、今年入社した1年生から、管理職、そして創業当初から一緒に歩んできた同級生に感想を発表してもらいました。それぞれの念いが込った社員の言葉に感動です。ありがとうございます。


締めは31期より新社長に就任する長男の幸太郎が、これからジットの社長としての決意を表明しました。


最後に、サプライズで社員の皆さんからたくさんの念いのこもった花束を受け取りました。感謝!感謝です!


たいようの皆さんも「30年間お疲れ様でした!」とメンバーさんや支援員の皆さんが集まってくれました。


たいよう全員の写真とメッセージ入りのアルバムをプレゼントしてくれました。メッセージには「働く場所をありがとうございます!」「ジットとたいようがあったおかげで前より元気になれました!」「今の私があるのは社長のおかげです!」とたくさんの心がこもったメッセージに私も元気をもらいました!ありがとうございます!







毎日元気にたいように通ってくれている仲間とそのお母さんからも「30年間お疲れ様でした!また明日から理事長よろしくお願いいたします!」ととても綺麗な花束をいただきました。


 そして今日は妻の誕生日であり、家族全員が久しぶりに集まり誕生日祝いとジット創業30周年祝いを兼ねて食事会を行いました。食事会では家族で夢について熱く語り合う有意義で幸せな時間を過ごすことができました。そこでもサプライズでお店から素敵な花束をいただきました。皆さん沢山ののお心遣いをありがとうございます!

 30年の大きな節目。今までの数多くの方々との出会い、そして乗り越えてきた数々の出来事が走馬灯のように駆け巡ります。創業時は私を含めた5人からの出発でしたが、本当にたくさんの仲間に巡り合うことができ、ピンチを乗り越えそのたびに、人に助けられ、強くなり勉強させてもらいました。

 今では、自分に何とかできない問題は起こらないし、乗り越えられない壁は現れないと思っています。

 仲間もいる、社員もいる、家族もいる。諦めなければ、必ず達成できる。逆境は、みんなで力を合わせれば必ず乗り越えられる。念いは必ず成し遂げることができます。人間の可能性には限界はありません。

 これからも、一人ひとりが自分の可能性を信じて挑戦してくれることを期待しています。仲間と共に高め合いに成長し続けましょう!

 

女優の羽田美智子様が来社されました

 先日、テレビドラマや映画・CMなどで活躍されている女優、羽田美智子さんが来社されました。

 この度、羽田美智子さんのセレクトショップ「羽田甚商店」にて、山梨Madeの「食べるジュース」を掲載して頂けることとなり、食べるジュース生産工場や今後の拠点となる「ジットビレッジ」での取材、撮影を行いました。




「食べるジュース」は添加物や保存料はもちろん水も砂糖も一切加えず、種も皮も丸ごと使用したくだもの100%で作っています。
口にすると、とろみのある濃厚な舌触り。果物本来の優しい甘さが自慢のジュースです。


昨年夏に販売を開始した食べるジュースを使った「そのままゼリー」、そして、ぶどう由来のプロアントシアニジンにより、高めの血圧を下げることが認められた機能性食品「マスカット・ベリーA」を温めたホットジュースとしてお召し上がりいただきました。


そして、私の生まれた地であり、今後の山梨Madeの拠点となる「ジットビレッジ」の建設予定地、大法師山へご案内しました。


 将来「ジットビレッジ」に建設する山梨Madeの工場の隣りには、豊かな自然と新鮮なくだものを楽しむことができるカフェを経営し、全国各地から観光を目的に多くのお客様が集まる、山梨県を代表する観光地としての役割を担っていきたいと考えています。


 現在、開拓を進めている「ジットビレッジ」の最上地点までご案内し、この富士山を仰ぎ見る景勝の地、大法師山で農業と福祉が連携させた観光農園事業と温泉施設の計画について私のビジョンを語らせて頂きました。


この偉大な自然から放たれるエネルギーを感じ、
「あぁ~幸せ~!」と伸びる羽田さん!とても素敵です!


実際に「食べるジュース」を生産している山梨Madeの工場もご案内させて頂きました。羽田さんにも工場専用の白衣をご着用頂き、入室前の手洗い・消毒も体験されました。


HACCP認証工場として、日々徹底した衛生管理、品質管理を行い食品生産を行ってる様子をご覧頂き、とても熱心にうなずきながら説明を聞いてくださいました。

 
 最後に従業員と一緒に記念写真を撮りました。羽田さんのファンも多く、皆さん大興奮です!

 今回、名女優の羽田美智子さんにお越し頂き、私たちの念いをお伝えする機会、そして山梨Madeの工場やジットグループの夢である「ジットヴィレッジ」をご案内し実際に見て頂くことが叶い大変嬉しく思います。


出来上がった動画をこちらからご覧いただけます。

 羽田美智子さんのセレクトショップ「羽田甚商店」に当社商品を掲載して頂きますので、これを1つのきっかけとしてひとり一人でも多くの人に山梨Madeの商品を通して健康と笑顔を広げ、この山梨県の魅力を発信していきます。

 そして、日本全国、世界中から、ここ山梨にお越しいただけるように日々生かされている命を燃やしていきます。

東京2020オリンピックランナー

 2021年6月26日(土)、東京オリンピックの聖火ランナーの一人として使命を果たす日がやってまいりました。

 

 私は1964年、東京オリンピックの年に生まれました。また、会社を興して丁度30年、代表を引退することを決意していた人生の節目の年に東京オリンピックが開催される事に運命を感じております。

 昨年から世界的に感染が拡大しているコロナウイルス感染症によって、非常に多くの方々が苦しみ、不安や恐怖を感じている状況が2021年現在も続いております。そのような過酷な状況の中、必死に戦ってくださっている医療に従事される方々の姿を見て、私もオリンピックの聖火ランナーの一人として今、私に出来ることを一生懸命、体を張って挑むことで皆様に勇気や元気をお届けすることが使命であると強くに感じ、聖火リレーに臨みました。


朝会社に行くと「にこにこキッズ保育園」の子どもたちが、「園長先生! がんばってね!」と可愛い笑顔で応援してくれました!


そして、嬉しいプレゼントをくれました!


12時からアイメッセで受付を行い、聖火ランナーのユニフォームに着替え、事前説明を受けている様子です。


準備は整いました。


元ラグビー日本代表の梶原さんと


会場の歓声を受けながら、いよいよ出発です!


6区7区の甲斐市・南アルプス市を走る皆さんと一緒にオリンピック聖火ランナー専用送迎者に乗り込みます!


沿道にはたくさんの方々が応援に駆けつけてくれていました。本当に感謝!感謝です!







昨年インドから来日しジットファミリーの一員となった入社2年目のカランさん


ジットグループの従業員の皆さんも家族と一緒に来てくれました!ありがとうございます!


可愛い子どものエールに力がみなぎります!


華やかなパレードではパフォーマーの皆さんの呼びかけや音楽で、とても盛り上がりました!




聖火を受け継ぐ瞬間です。

 歴史ある聖火を自分の手で繋ぐという責任の重さを感じながら、会社を興してから30年間の歩みを振り返り胸が熱くなりました。


沿道で声援をくださる皆さんに感謝の気持ちを込めて手を振りながら走りました。





200mを走りきり、オリンピックのシンボルである聖火に込められた「平和・団結・友愛」への念いをトーチキスで次の方へと繋げます。


「山梨を元気に!2020!」と締めくくりました。




いつも支えてくれている妻も応援に来てくれました!感謝。


聖火ランナーを終えてインタビューを受けました。

Q:オリンピックの聖火ランナーとして走った感想をお聞かせください。
A:地域の皆さん、従業員の皆さんをはじめたくさんの方々が駆けつけてくださり、また小さなこどもたちも一生懸命、手を振って応援してくれている姿を見て胸が熱くなりました。

Q:今日はどのような一日になりましたか。
A:56年間生きてきた中で最高の一日となりました。今月で代表取締役社長を退任いたしますがこれらは地域の皆さんに恩返しができるように頑張っていきます。



翌日の山日新聞にも掲載されました。

 山梨県に生まれ山梨県の高校を卒業し、26歳の時、何もない状況でゼロからのスタートでしたが、家族、一緒に働く仲間、同級生や地元の皆さんのご支援、ご協力により今があります。感謝、感謝しかありません。

 会社を興して30年。 今まで全力で熱い念いを燃やしながらで駆け抜けてくることができたのは、 生まれ育った大好きな地元山梨の皆様、支えてくれた家族や仲間のおかげだと思っております。 人と人との繋がり、ご縁に感謝の言葉しかありません。皆様の幸せを祈り、リレーの際に 「山梨を元気に!」という念いを胸に抱きながら走りました。山梨から世界へ、そして未来へと念いを繋ぐことができたのではないかと思っております。

 たくさんの応援、誠にありがとうございました。

感謝、感謝の祝い花

 あと数日で、代表取締役のバトンを次の社長に渡します。借りた工場から、社員5名で出発した1991年7月。ここ最近は、この30年間の事を毎日思い出しています。そんな中、30周年のお祝いにと、素晴らしい花が届きました。皆様の優しさ、温かさが大変ありがたく、この感激を皆様にお伝えしたくご紹介させていただきます。


珍しいオレンジ色の薔薇が入った大きな大きなパワー溢れるアレンジメントは玄関に。


ピンクの優しい色のアレンジメントはロビーに。


紫と白の美しいアレンジメントは従業員の玄関に。


1年前からカウントダウンをはじめて、とうとう承継まであと4日となりました。

 30年の間には本当に色々なことがありました。しかし、今こうして、私が、ジットグループがあるのは、周りで支えて下さっている皆様の存在があってのこと。感謝の念に堪えません。また、企業としてはまだまだである若輩者の私に、この度の花の贈り物のように、温かいエールを送ってくださる大先輩の皆様に深く感謝しております。

 あと数日、代表取締役社長としての使命をしっかり果たし、ジットグループ一丸となって山梨県の皆様の元気と笑顔のために今期ジットグループが掲げるスローガンどおり「基本にかえり、素直に、元気に、笑顔で、全力投球!!」してまいります。

 感謝、感謝、ありがとうございます。

植物の成長記

 社内の植物がぐんぐん成長中です。梅雨入りし、鬱陶しい時期ではありますが、社員の皆さんが大切に育てている元気な植物と美しい花たちが、その鬱陶しさを吹き飛ばしてくれております。


シンボルツリーのベンジャミン。間もなく2年前に増築した天井に届きます。


ポトスも2階の天井の高さを優に超えてぐんぐん成長中です。


4月の終わりにジットにやってきたアイビーも少しずつ成長中です。


背比べをしているようで見ているだけで元気が出ます。


数年前に頂いた胡蝶蘭。担当社員の愛情をたっぷり受けてとても美しく咲いています。


蕾もたくさんあり、今からさらに花が開きます。

 ジットグループでは、入社時に社員一人ひとりに植物をプレゼントし、気づきの目を養う勉強を兼ねて、植物に名前を付けてそれぞれに育てております。大切なことは”気づく”こと。気づきの力は仕事でも必ず生きてきます。お客様へのおもてなし、社員同士の気配り・心配りなど様々な場面で植物の世話を通して身につけた力を発揮することができます。

 今期も残すところ2週間を切りました。これからも私たちも一人ひとりが経営理念を浸透させ、念いを熱く燃やし元気な植物、美しい花たちに負けないよう全力で行動してまいります。

第2回会社説明会

 先日、2022年卒の学生を対象にした2回目の会社説明会を行いました。今回は、ジットグループとしては初の試みとなるオンラインとリアルのハイブリット説明会に挑戦致しました。山梨の人口における感染者数の割合が全国の中でも多いと報道された直後の開催ではありましたが、グリーンゾーン認証を受けている当グループの「ジットプラザ」にて、密にならないよう細心の注意をはらいながら15名のリアル参加者、そして、日本全国から20名、海外の学生も20名、計40名のオンライン参加者とともに相互の未来を描く時間を共有いたしました。


アイスブレイクの様子です。


オンラインで参加した学生の皆さんにも顔がモニターに映るようにしてもらいました。日本時間の9時30分に開始をいたしましたが、インドでは朝6時30分。この説明会のために早朝からスタンバイしていただき、感謝感謝です。


代表取締役として学生の前に立つ最後のトップライブです。


△▽3名の内定者も駆けつけてくれました。来年4月に先輩となる社員たちとコミュニケーションを図りました。



山梨から世界へ。この後、数名のグループに分かれての「ぶっちゃけ座談会」も行いました。特に海外から参加した学生から、積極的な質問が多数ありました。

 学生の皆さんにはトップライブの中で、ジットグループの原点である「創業の精神」、会社が描いている5つのビジョン、2030年までに達成する目標を定めたSDGsなどをお伝えいたしました。その中に、グローバルな企業を目指すというポイントがあります。今までは、山梨県にこだわった採用が主でありましたが、これからは、日本全国、そして、世界中からも一緒に夢を実現していく仲間募集していきたいと思っております。今回は、まさにその初めの一歩です。

 これから、もっともっと勉強し、日本中、世界中の皆さんに「私もジットで働いてみたい!!」と言っていただけるような企業を目指して精進してまいります。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

経営品質落とし込み勉強会Ⅱ

 前回に引き続き、先日行った「経営品質落とし込み勉強会」について、今回は準社員とパートさんの受講報告書を一部ご紹介させて頂きます。


▼お客様相談室で電話対応をしてくれている準社員
「ジットが今日まで行ってきたリサイクル事業は、今世界で取り組んでいるSDGsの取り組みにつながっていたことがわかり、ジットで仕事をさせていただいていることに誇りを感じました。これからも全員の念いがつまった商品であることを念頭に置き、お客様のお困り事を解決していきます。」


▼工場でリサイクルインク生産をしてくれている準社員
「ジットは仕事を通して、より多くの方々に恩返しをしたい、そして生まれ育った山梨を元気にしたいという念いを強く持っている会社であると改めて再度確認する時間になりました。日頃から自分の目で見て自分の耳で聞き、自分の肌で感じて正確性を掴めるように行動していきます。」


▼マスクの生産をしてくれているパートさん
「安心して働くことができ、仕事に対してやりがいや生きがいを感じられる素晴らしい理念であると感じました。私たち全員が人様の役に立つ、世の中に必要とされている会社にいるということ、会社の目標や方向性を忘れずに行動することが必要だと思いました。」


▼物流で出荷業務をしてくれている準社員
「給料は社長からではなく、お客様から頂いているということを再確認しました。創業の精神にある『スピードが命、時代のニーズにタイムリーに応えられる会社をつくります』の通り、アルコールやマスクなど必要なときに必要なモノを必要な人に届けていて、いつも出荷業務をしなが、『さすが!』と思って仕事をしています。」


 日本経営品質賞に取り組むことで、幹部を中心に従業員1人1ひとりの成長、ジットの基軸である「ジット魂」にある”創業の精神・経営理念”の大切さを改めて実感することができました。

 これからもジットグループは、従業員一丸となって”あるべき姿”に向かって舵を切り、社名の由来でもある「Just in Time」のとおりに行動してまいります。そして、お客様や協力会社の皆様、そして日本中、世界中の平和と幸せを実現するために日々勉強し続け、常に社会から必要とされる会社を目指していまいります。

経営品質落とし込み勉強会Ⅰ

 先日、社員と準社員、パートを対象に4時間の時間をかけてジットの経営品質賞についての落とし込み会議を行いました。

 この会議で使用した資料は、幹部を中心に数か月の時間をかけて「誰が見てもジットの取り組みとその目的が伝わる記述」を意識して作成いたしました。

 全従業員で経営品質の落のとし込みを行うのは、自社の経営品質について皆で学び、会社が行っている取り組みとその意味、ジットの目指す方向性の理解を深め1人1人が意識を高く持ち成長していくため、そして皆で同じ方向を向き、一致団結して「ジットのあるべき姿」に向かって歩んでいくためです。

【社員の皆さんの受講報告書を一部ご紹介いたします】


今年4月に入社した女性社員
「創業の精神を達成するために、個々の成長が何よりも必要で、現状なら満足せずに、日々当たり前の事を当たり前に行い、研修や講習・読書等でスキルアップしていくことが重要だとわかりました。」


入社2年目の女性社員
「お客様第一で考え、今どうするべきなのか見極めて改善を行うことが大切だということがわかりました。私が1番スピードを感じたのは医療・ヘルスケア事業が立ち上がった時です。そのスピードがどれだけ凄いことなのかを今は実感しています。」


入社5年目の男性社員
「SDGsの取り組みについて担当している回収が関わっている項目が多く、私も毎日仕事をする中で、お客様のため、仲間のため、日本のためになるということに誇りを持ち、今後も全力で行動していきます。」


入社15年目の男性社員
「ジットが今までどんな活動をしてきて、これからどう行動していく、準社員さん、パートさんを含めて共有できたことで、これからジットが目指すべき方向性がわかり、足並みを揃えて31期を迎えることができると感じました。目標達成、人材育成、理念浸透この3つを実行していきます。」

 これからもジットグループは地域のため、社会のため、そして働く仲間やその家族のため1人1人が成長し、支えてくださる周りの方々を笑顔に、幸せにできるよう全員でぶれない機軸として一致団結!邁進してまいります。