Archive for 1月, 2021

JITリサイクルインクスタジアム調印式

金曜日, 1月 22nd, 2021

 1月20日、山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場のネーミングライツについての契約調印式が県庁で行われました。


この「JITリサイクルインクスタジアム」のネーミングに「リサイクル」を付けたのは世界的にSDGsという持続可能な開発目標を掲げている中で、まさにリサイクルとは環境、また未来ある子どもたちへ日本のもったいないの心を伝えたいという念いを込めております。


山梨県知事 長崎様と調印の様子




長崎様からは「ジットのグループをあげて取り組んでいる様々な地域貢献・社会貢献活動を高く評価し、今回山梨県小瀬スポーツ公園陸上競技場のネーミングライツについてスポンサーをジット株式会社に決めました。またコロナウイルス感染症発生時のマスクが不足している中で、いち早く必要な場所にマスクの寄付、また医療用マスクの生産を行い医療現場へ納めて頂き感謝しております。これからもスポーツを通して「JITリサイクルインクスタジアム」から山梨に元気と笑顔を広げ、ご活躍されることを期待しています。」とのお言葉を頂戴いたしました。


 
 小瀬スポーツ公園陸上競技場は1986年にかいじ国体の前年の1985年に開設をしてから早36年が経過しています。この間には、スポーツに夢を懸けた数多くの方がこの地から日本全国、世界へと飛び立ち、夢を実現し活躍をされています。スポーツは心身が共に育まれるかけがえのない財産を作ると考えております。これからも今まで以上に子どもから大人、高齢者、また健常者から障がいのある方々が一人でも多くこの「JITリサイクルインクスタジアム」から勇気と元気と希望を掴み、世界に羽ばたいてほしいと願っております。
 
 また、山梨の元気の源であるヴァンフォーレ甲府はこの競技場がホームスタジアムとなりますので、たくさんの皆様と一緒に勝利の味を味わい、J1に昇格し山梨を盛り上げてほしいと思います。

 これからも世界遺産の富士山をはじめ自然豊かな素晴らしいこの山梨魅力を日本全国、そして世界中に発信する一端を担えるよう、地域の皆様に寄り添いながらスポーツを通して地域の活性化をはかり、社会に貢献できるよう挑戦を続けてまいります。

UTY スマイルニュース

木曜日, 1月 21st, 2021

 毎週火曜日の午後6時55分から7時に放送されている、テレビ山梨「スマイルニュース」の1月19日の放送で、」ジット社歌が「MIKKEI社歌コンテスト」でファイナルに進出することが取り上げられました。


スマイルニュース動画はこちらです

 身近でおきた幸せエピソード、くだらないけど楽しかったこと、気持ちが穏やかになったことなど明るい話題なら何でも、思わず笑顔になってしまうニュースを取り上げる番組です。


ジットの社歌「We are the JIT」、皆様、ご視聴いただけましたでしょうか。


今回は社歌制作委員会で作詞・レコーディングにも参加し、CMにも出演している入社5年目の女性社員が社歌について楽しく報告してくれました。 


ダンスとそれに合わせて流れる社歌にJIROさん扮する「みなみおばちゃん」もにっこり。「ジャストインタイム!」と歌ってくださっていました。

 私は会社にいた社員たちと一緒に放送を見たのですが、東京や大阪から山梨に戻っていた仲間からも「素敵だな!」「楽しい!!」と、どっと笑いが起こりました。この日、このニュースをご覧になった皆様も、にっこり笑ってくださっていればとても嬉しいです。

 2月24日に日経ホールで行われる決勝戦は、ファイナルに残った10社で戦います。こちらのリンクからご覧いただけますので、ぜひ、皆様もご覧ください。会場に行けない社員たちも、動画で参加する予定でおります。

 私たちには特別なことはできませんが、とにかく今を全力投球いたします!!

 2月24日、山梨県・日本への愛と敬意を一生懸命、熱く、強く、伝えてまいります。皆様の温かい応援を何卒よろしくお願いいたします!!

 

社歌コンテスト ファイナル進出!!

土曜日, 1月 9th, 2021

 昨年末、NIKKEI 社歌コンテストにエントリーし、その様子をこちらのブログに取り上げながら、たくさんの皆様にご視聴とご投票のお願いをしておりました。そして一昨日前、大変ありがたいことに、てジットの社歌「We are the Jit」のファイナル進出が発表されました!!!


ジット、やりました!!!ありがとうございます。

 ファイナルは2021年2月24日(水)日経ホールにて、一般投票数上位5社と審査員評価で予選を通過した5社の計10社で戦います。それぞれ動画のあと最後のアピールをするという流れで行われるそうです。また、コロナ感染対策のため、応援に行けない皆様もリアルタイムで観戦・応援ができるリモートツールを活用した仕組みを設けることも予定されております。

 山梨県の皆様、そして、ジットファミリーの皆さん、そしてジットグループを応援してくださっている皆様、1日1度の投票、本当にありがとうございました。2月24日は、日経ホールでジットの熱い念いと、山梨、日本への敬意と愛を精一杯伝えてまいります。

 私たちは山梨県を元気にするために全従業員が一丸となって全力で地域貢献に取り組み、山梨から日本、日本から世界へと元気と笑顔を広げ、社会に貢献する企業を目指します。

あけましておめでとうございます

木曜日, 1月 7th, 2021

 新年あけましておめでとうございます。ジットグループは本年7月に創業丸30年を迎えます。皆様のご愛顧により、こうして新しい年を迎えられましたことに深く感謝申し上げます。

 年末年始に関わらず出勤してくれた仲間もおりますが、全体としての仕事始めは1月5日でした。5日は朝から、テレビ山梨の「スゴろく」という番組の取材が入り「元気のがある企業の仕事始め式」ということで、ジットグループの朝礼や社歌、工場の様子が撮影され、その日の夕方に放送されました。是非こちらからご覧ください。






▲朝から元気いっぱい社歌の斉唱


▲マスク工場の紹介


▲3月からの小瀬競技場のネーミングライツ

▲私からはジットの取り組みとその念いをお話しさせていただきました

▲▼入社3年目の社員から新年の抱負です


 本年は私にとっても、大きな節目の年となります。創業してから30年、様々なことがありました。今でも創業したときの念いは鮮明に蘇ります。創業当初、『自社社屋を建てる』『メーカーになる』『30年で社長を引退できるように人を育てる』等5つの目標を立てました。最初の4つは実現することが出来ました。今、最後の一つに向けて準備を進めております。

 ジットグループの理念にも謳う通り、『逆境には絶対に負けない、念いは必ず成し遂げる、可能性に限界はない』という気持ちで『念い』だけは誰よりも強く持ち行動し続け今日があり、こうして沢山の仲間や協力会社の皆様に支えられ大きな節目を迎えることができております。

 本年は、辛丑(かのとうし)年。歴史を振り返ってみても、過去、辛丑年は非常に厳しい年でした。2021年もコロナウイルスの感染拡大、年明け早々の緊急事態宣言の再発令と、辛い1年になることが予想されます。しかし、ピンチはチャンスでもあります。本年も様々なことにチャレンジしながら、300名の従業員の皆さんと一緒にジットグループから元気や笑顔をお届けできるよう全力で取り組んでまいります。


2020年スローガン「30周年!基本に返り 素直に元気に笑顔で全力投球!!」

 本年もジットグループをどうぞよろしくお願い申し上げます。