マスク事業始動

 当社では新規事業として、12月8日より正式に医療用マスクの生産を始めました。12月8日は山梨県知事が公務のため、副知事の若林一紀様にもご来社をいただき、「県事業に関わる医療用マスクの製造開始」について会見をさせていただきました。


▲副知事 若林一紀様


▲医療・ヘルスケア事業を立ち上げた経緯と会社の念いを伝えさせていただきました


▲たくさんのメディアの皆様にも来ていただきました




▲山梨日日新聞 掲載記事


▲山梨新報 掲載記事

 コロナウイルスによるパンデミックにより世界中が混乱をしております。そんな中、最前線で尽力していただいている医療従事者の方々をはじめ、山梨県民の皆様が安心した生活を送れるように、ジットグループでできることを全力で行っていこうと、若林副知事のお話を伺い決意を新たにいたしました。

 ジットは「Just In Time」の社名の通り、「その時代に必要な商品やサービスを、必要なときに必要なだけタイムリーにお届けする」ことを常に考え事業に取り組み、今回6つ目の事業をスタートすることができました。このコロナ禍で除菌液やマスクの不足により、多くの皆様が底知れぬ不安を抱き、不自由さを感じた事と思います。山梨県や一般の皆様に安定して医療用のマスクを供給させていただくことで、少しでも不安を安心と笑顔に変えていけるよう精進をしてまいります。

 山梨県の助成事業の一環で、医療用マスクの製造が開始できたことに使命感を感じ、また責任の重さを痛感しております。私たちは地元山梨県を元気にするため、全従業員が一丸となって、山梨県から日本、日本から世界へと、元気と笑顔を広げ、社会できるよう挑戦を続けてまいります。

小瀬スポーツ公園ネーミングライツ

 山梨県より、甲府市にある小瀬スポーツ公園陸上競技場のネーミングライツにジットを選定して頂きました。全社員から名前のアイデアを募り「JIT リサイクルインク スタジアム」に決定いたしました。


12月8日の山梨日日新聞に掲載されました


日経新聞にも取り上げていただきました

 2021年3月1日からの5年間、競技場は「Jitリサイクルインク スタジアム」という名称で呼ばれることになりますが、このネーミングライツに応募させていただいた背景には、小さなお子様から大人、そして、ハンディキャップとともに生活している方、山梨県の皆様全員にとっての夢、希望のあふれる場所にしたい!皆様を元気に笑顔にしたい!という念いがあります。来年の春、山梨県の皆様、そして、小瀬の競技場を訪れる皆様に「ジットリサイクルインクスタジアム」の愛称で呼んでいただけるよう、幸せの集まる場所にできるよう精一杯努力してまいります。

 

開成町協定調印式

 昨日、神奈川県開成町様と使用済みインクカートリッジ・トナーカートリッジ再資源化協定を結ぶ調印式が行われました。


年末の大変お忙しい中、ありがとうございます


カートリッジ回収の念いをお話させていただきました


調印の様子です

 開成町 府川裕一町長様からは”開成町としてはゼロカーボンシティを目指して地道に活動を進めています。大きな項目から小さな取り組みまで幅広く活動していきたいと考えている中、今回の協定の話がありました。インクカートリッジ回収は今まで電気屋さんに任せきりでしたが、ジットの障がい者雇用や環境への念いを聞いて絶対に必要な活動と感じました。全面的に協力をしたいと思っています。今回は役場と町民センターでのスタートですが、今後、少しずつ拠点を増やしていきます。”と、環境に対する温かいお言葉をいただきました。

 子どもたちが地球の未来を担っていくために、今いる私たちが、限りある資源を守っていくために何を行うかがとても大切です。ジットはリサイクルを通じた環境保全への取り組みだけでなく、カートリッジの回収が、ハンディキャップを持った方々の雇用にも繋がる仕組みを構築しております。全国にはまだまだインクカートリッジ回収の取り組みをご存知ない方も多くいらっしゃいますので、もっとたくさんの方々にこの取組みを知っていただき、人と人との輪、リサイクルと笑顔の輪を広げ、ゴミを減らし、価値あるものに蘇らせる事ができるようにしてまいります。

 私たちはリサイクルインク事業を通して地域の活性化をはかり山梨から世界の発展に貢献する企業を目指します。

スペシャルオリンピックス理事会

 昨日、スペシャルオリンピックス山梨の理事会がジット甲府プラザで開かれました。



 そしてこの度、舩木理事長より来年度からのスペシャルオリンピックスの理事長という大役を引き継がせていただくこととなりました。


僭越ながら、理事の皆様に私の念いを伝えさせていただきました。


 現在ジットグループで運営しているNPO法人ジット会たいようでは70名の、ジットグループでは80名のハンディキャップを持たれた方が働いています。この障がい福祉事業を始めたきっかけは7年前、スペシャルオリンピックスのイベントを甲府ホールで開催した時に、ハンディキャップを持ったお子様の保護者様から、子どもたちが働く場所を増やしてほしい、安心して働ける環境が必要だという声をお聞きしたことからです。私たちに何かできることはないかと思い障がい福祉事業を始めました。


現場の様子です


1人ひとりに合った仕事を行いながら、事業所全体の目標達成を目指しています

 たいようで働くメンバーの皆さんの仕事に対する集中力、まじめに取り組む姿勢、そして毎日廊下ですれ違う時の元気で明るい挨拶や笑顔にいつも元気をもらっています。私はハンディキャップは1人1人の個性だと考えております。ハンディと思わずそれぞれが出来ることを伸ばすことがとても大切です。

 今後はスペシャルオリンピックスの活動を通してハンディキャップを持つ方々が活躍できるスポーツの場をもっともっと広げ、やりがいを感じられる環境をつくり、山梨、そして、日本を元気にしていく念いで取り組んでまいります。

社内植物成長記Ⅱ

 先日ご紹介したポトスがぐんぐん伸びています。私も「元気かい?頑張れ!!」と毎日声をかけており、その声に応えてくれているかのように、毎日目に見えてわかるほどの成長を続けています。2年前に天井を増築した際に架けた梁にも緑をと思い、ポトスの両脇にアイビーを増やしました。


ポトスとアイビー


ポトスも前回紹介させていただいてから2か月ほどでまた20センチほど伸びました。


葉も大きくなり太陽の光をいっぱい浴びています。

 ジットグループでは社員が「気づきの勉強」の一環として植物を育てており、社内には100を超えるたくさんの植物があります。もちろんそのため植物ではありますが、たくさんの緑が社内にあることで、お客様にリラックスして頂いたり、働いてくれる皆さんの疲れを癒してくれたり、空気を浄化してくれたりと、素晴らしい効果も実感しています。何より、上へ上へと伸びようとする生命力に勇気と元気をわけてもらえます。

 2020年もあとひと月。何かとせわしくなりがちではありますが、強く逞しく成長する植物に負けないよう本日もお客様のために元気に!笑顔で!ひとつひとつの商品、サービスに心をこめてご提供させていただきます。

にこにこキッズ保育園「さつまいも収穫体験」

 昨日、当社で運営をしている「にこにこキッズ保育園」の2歳児クラスの園児たちがさつまいも掘りに出かけました。寒かったですが、青空が澄み渡る中、元気よく出かけました。近くの青果屋さんのご厚意で、毎年さつまいもの収穫体験をさせていただいています。本年もありがとうございます。














 にこにこキッズ保育園では、『無邪気な子どもの個性と無限の可能性を伸ばし、安全・安心な保育園を目指します』『太陽の下でわんぱくに遊ばせ、元気な子どもを育てます』の運営理念のもと、大切なお子様をお預かりしています。
 
 四季を感じられるような活動をたくさん取り入れ、子どもたちが健やかに成長できるような保育を目指しています。少人数の保育だからこそ、子どもたちの「やりたい!」を大切に保育ができます。来年度からは3歳以上のお子様もお預かりできるように準備を進めておりますので、近くにお住まいで保育園を探している方がいらっしゃれば、是非見学にお越しいただけたらと思います。

 毎日子どもたちの笑顔にたくさんのパワーをもらっています。これからも未来を担う子どもたちの成長を願い見守ってまいります。

YBS「前進!やまなし」で紹介されました

 令和元年度の第1回YAMANASHIワーキングスタイルアワードで優秀賞をいただいたことがきっかけとなり、昨日放送されたYBSの「前進!やまなし」という番組で当社の取り組みが紹介されました。YAMANASHIワーキングスタイルアワードには、働きやすい職場環境づくりや育児・介護等に関する支援、多様な人材の活用などを積極的に進めている企業等を表彰するとともに、その取り組み内容等を優良事例として広くPRし、「働き方改革」の取り組みの普及啓発や意識の醸成を図る目的があります。


「前進!やまなし」


△▽仕事も家庭も両立している女性係長2人のインタビューの様子です



△▽従業員の皆さんが働いている様子です



保育園の様子も取り上げていただきました。 

 ジットグループ経営理念 【幸せづくりの精神】に「会社は働いてくれる人をなくてはならない存在として大切にし、スタッフとその家族が心ゆたかで幸せな人生を送れるよう、全面的に支援します」と謳っています。一度に100点満点はむずかしいことですが、少しずつ、従業員の皆さんの声を聴きながら、様々な取り組みを重ねてまいりました。日頃の私どもの取り組みがやがて「山梨県の皆様が笑顔で働くこと」に通じればという念いでおります。ジットグループが果たすべき使命はまだまだたくさんありますが、大切な従業員の皆さんと一緒に一歩ずつ前進!してまいります。今後とも山梨の皆様のご指導ご鞭撻のほど何とぞお願い申し上げます。



工場見学

 昨日、株式会社携帯市場様と株式会社JAM TRADING様がわざわざ大阪から工場見学に来て下さいました。

 パワーポイントを使いながら当社の会社案内をさせていただき、本社工場の現場を周りながら、様々な取り組みを紹介させていただきました。

 
恒例の記念撮影




沢山メモを取りながら大変熱心に工場を見学されていました




ジットの歴史が詰まった歴史館やビューイングスペースもご覧いただきました


 私自身も、沢山の工場や現場を見に行き、良いと思ったことはすぐに真似をしながら工場をつくってきました。見学していただいたことで、少しでも何かのお役にたっていれば嬉しいと思います。久しぶりに企業の方に工場見学に来ていただいたことで、常に変化をしていくことは大変重要であるとを改めて感じました。より多くの方々に感動や笑顔をお届けできる工場をもっともっと追及してまいります。

大法師山草刈り

 先週の土曜日、抜けるような秋晴れのもと、ジットグループの従業員の有志が集まり、ジットヴィレッジ敷地の草刈りを行い皆で良い汗を流しました。


移動中も笑顔いっぱいです


ジットヴィレッジに到着


作業に入る前に、「なぜこの土地がジットヴィレッジなのか」その念いを皆さんに伝えました。


今から約1500坪の敷地を50名できれいにします!


背の丈ほどもある草

笑顔で頑張る皆さんの様子です。








私も草刈り機の担当です






インドからの新入社員も頑張ってくれました。



昼食は子どもの頃に私が住んでいた住宅の跡地でとりました。


 家族4人で暮らしていたころを思い出し、胸が熱くなりました。幼い頃この場所で「会社を興そう。社長になるんだ」と決意をしました。ジットの原点です。




初めて山の草刈りをした新入社員たちです

私の生家のあった場所のすぐ隣には、亡き父と弟が眠っています。最後に皆さんが父と弟に線香をあげてくれました。

父がいたから、ジットという会社を興すことができました。弟がいたから、命の尊さと、人様のお役に立つ仕事に命を燃やすという自分の使命に気づきました。



 休日にも関わらず、草刈りに参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。見違えるほどキレイになり、大変感謝しております。

 また、お客様のために会社で仕事 をしてくださった皆さんも、本当にありがとうございました。皆さんがジットの原点となる土地に集まることができたことを本当に嬉しく思います。

 必ず夢を実現していきます。そして必ず皆さんを幸せにします。この日に感じたジット魂を、次の世代にも伝えていき、熱い念いがほとばしる仲間と共に山梨から日本、世界に貢献する企業を目指して前進してまいります。

社内懇親会

 週末の終業後、ジットセレモニーの皆さんと懇親会を行いとても楽しい時間を共有いたしました。


下は20歳、上は49歳。年齢は様々ですが、大変仲の良い仲間たちです。


今回の最年少と最年長コンビです。


厳かな中で仕事をしている日常からしばし離れて大爆笑。


仕事に恋愛に絶好調!入社3年目の男性社員です。


笑顔が最高!


一升瓶が小さく見えます。


皆で食べると倍おいしいですね。

 普段はとてもおとなしい2年目の快くん、本当によく飲みました。それから、仕事中には見ることのできない皆さんの楽しそうな笑顔と笑い声。恋愛話、近況報告、新婚さん2人のおのろけ話、たくさん、たくさん、話をしながら飲みました。


日が短くなり、間接照明で植物たちが映えます。

 あっという間の2時間半。大切な仲間との絆を深めることができた有意義な時間となりました。親睦会の最後に、「目標に向かって私ももっと頑張る。みんなで頑張って目標を達成していこう!」とエリアをまとめるリーダーが誓いました。是非とも有言実行していただき、私も含めた全員で一丸となり、お客様に寄り添う「信頼と安心のジットセレモニー」をつくってまいります。