YNBC座会にて

 2012年1月に飯室会長を筆頭に何名かの理事で立ち上げたYNBC(山梨県ニュービジネス協議会)も早いもので5年が過ぎました。

YNBCのサイトはこちらから

 毎年いくつかの「座会」に分かれそれぞれに活動を行っており、本年は私も座長を任され「人と人との繋がり・絆・出逢い」をテーマに活動しております。これまでに、フォネットグループの会長様、株式会社光彩工芸の社長様、豊前医化株式会社の社長様、株式会社羽中田自動車工業の社長様、株式会社たけまるの専務様、株式会社アシストエンジニアリングの社長様にお話しを伺いながら、座員の皆様と学びの場をもっております。

 お話しを伺う中で、どの経営者の方にも共通しているのは「行動力」です。念いがあるから、人は行動を起こします。アクションを起こしている人は熱く熱く燃えていて近くにいると温かい。また、考えてばかりいてアクションを起こさない人の近くにいると寒さを感じます。

 当グループの皆さんにもそれぞれの使命を果たすために、一人ひとりに熱い念いを燃やして経営理念どおりに行動して頂きたいと心から願っております。また、「山梨から日本を元気に!」の念いに賛同しご入会頂いているYNBCの社員の皆様にも、お一人おひとりが山梨県の太陽となり、県民の皆様をより温かく照らしていただけるよう、私にできることを全力で行ってまいります。

 

東北の企業様にお邪魔しました

  先日、山梨Madeの社員5名とアイタックル様、セゾンファクトリー様を訪問致しました。



会長様とお話する機会を頂戴いたしました


商品試食のプレートも見た目はもちろん細部まで心配りを感じました

 改めて感じたことは、元気な企業はどこも共通して「熱い念いが形になっている」ということでした。私は熱い念いは誰にも負けないと自負しております。愛情=厳しさが私の信条です。しかし今回の訪問先の社員の皆様にお会いし、私も、弊社の社員もまだまだ甘いと感じました。この私の熱い念いが幹部から部下、そして後輩へとしっかり繋がっていけば、必ずジットファミリーから山梨県を、日本を、幸せにすることができます。

一緒に出掛けた社員からは

「人の手でしかつくれない強み」
「仕事へのこだわり」
「生き生きと働いている従業員」
「今行っている仕事、作業の意味を働く仲間に伝えることの大切さ」
「他社を見て初めてわかる自社の姿」

など大変勉強になったと感想がありました。課題はたくさんありますが、この度の訪問で学んだことを即実行し、よりよい社内風土をつくってまいります。

桜花廟慰霊祭

 春の彼岸入りを迎えた土曜日、ジットセレモニーでは桜花廟埋骨者慰霊祭を行いました。






10家族、20名以上のご親族の皆様が参加してくださり、あたたかな春の日差しの中、故人様を偲ぶ時間を過ごすことができたと思います。

 時代の流れと共に様々なご供養の形が出てまいりました。弊社でもおこなってい樹木葬は、花や木などの樹木を墓石の代わりとし、その周りに遺骨を埋骨する「永代供養墓」の1つです。ジットセレモニーでは霊園を桜の有名な大法師山に設け、まわりには様々な花が四季を通して咲いていることから、『桜花廟』と名付けました。

 事情があってお墓を守れないご親族様に代わり、私たちジットセレモニーが誠心誠意ご供養させていただきます。

「人は心」のジットセレモニー、今後も山梨県の皆様のお役にたてるよう精進致しますので皆様の変わらぬご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

美食女子グランプリ金賞いただきました

 3月7日から10日まで幕張メッセで開催されたFOODEX JAPAN 2017に山梨Made株式会社が出展いたしました。



2016年は、食べるジュース事業を立ち上げたばかりの段階で視察をしたFOODEXですが、その時「来年はここに必ず出展する!」と強く念ったことをこうして叶えることができ、また何百社という企業様とのご縁もいただき大変嬉しく思っております。


 また、食の女性専門家と一般公募の女性約70名の審査員がそれぞれの部門で出展商品の審査をし、グランプリを決める「美食女子グランプリ」の「ママの愛部門」で「食べるぶどうジュース 巨峰」がまさかの金賞を受賞いたしました。


受賞商品一覧はこちら

 山梨のおいしいぶどうを、添加物はもちろん水も砂糖も一切加えず、さらに栄養たっぷりのぶどうの種、皮もすべてジュースに詰めこみました。親しみのある巨峰の優しい味は小さなお子様にもよろこんで食べて頂ける自信作です。ぜひ一度、お試しいただけたら幸いでございます。


食べるぶどうジュースをどうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。



 

3月誕生日会

 3月一回目の誕生日会を行いました。

 ジットセレモニーの甲府プラザ支配人、ジットから業務部リーダー、入社1年目の人事課社員、生産部準社員7名の皆さんと楽しいひとときを過ごしました。みなさん、お誕生日おめでとうございます。

 今回は、高校を卒業して弊社に入社し、間もなく7年目を迎える社員に乾杯の音頭を取って頂きました。今までこのような場面での挨拶の経験は無く初めてのことだと本人は言っておりましたが、とても落ち着いた挨拶、乾杯の発声を見せてくれました。改めて「成長したな」と感じました。また、準社員の皆さんからは現場の意見として生産ライン、検査ラインなど、様々な角度からの改善改革の提案を頂きました。実際に作業をしている現場の声が会社の財産であり宝物であります。今後は誕生日会だけでなくいつでもどこでもコミニュケーションの取れる環境をつくり、一人ひとりの意見を「今すぐ」できることから改善し会社の継続、成長のため全力で取り組んでまいります。

本社周辺清掃

数カ月に及ぶ繁忙期も過ぎ、ジット本社では久しぶりに周辺清掃を実施いたしました。毎日、月ごとのそうじ担当社員と私とで屋外の掃除をしておりますが、朝の20分間という短い時間の中では対応しきれない部分もあります。ですので、今回、全社員で時間を掛けて、会社の周り、道路や公園などをきれいにすることができ、大変清々しい気持ちになりました。













毎回のことですが、掃除のあとの社員の皆さんの表情はいつも以上に輝き、素晴らしい笑顔になります。この笑顔を見る度に、掃除=自分磨きだな・・・と身に染みて感じます。日頃お世話になっている地域の皆様に恩返しをしていけるよう継続して行ってまいります。

2月誕生日会

 2月の誕生日会を行いました。前回までは5名前後でお祝いをしておりましたが、今回より10名くらいのパーティーに趣向を変えてみました。


物流主任、セレモニー入社2年目社員、ジット準社員6名、たいようスタッフ2名
準社員、たいようスタッフの女性の皆さんは全員6年以上のベテランです。
皆さん、おめでとうございます。

入社2年目の女性社員からは
「プラザに異動になったので、もっと利用してもらえるように盛り上げます!」
たいようスタッフからは
「利用者さん達とのコミュニケーションもっと増やし、健常者と障がい者が共に働ける職場をもっとアピールしたいです」 と意気込みを頂きました。
また、準社員の皆さんからは、日頃感じている細かな気づきの提案や意見がたくさんあり、作業してくださるみなさんの提案要望を形にしていくのが私や社員の使命だと改めて強く感じました。 改善できる点は「今、すぐ、この場で」行い、皆さんが安全に安心して働ける環境づくりをしてまいります。

 プラザスタッフの皆さん、人数が増えて大変だったと思いますが、細やかな気配りでおもてなし、ありがとうございました。感謝感謝です。

インターンシップ

先月末、5日間に渡り2名のインターンシップ生の受け入れを致しました。


都留文科大学3年 樋口知花さん
山梨学院大学1年 國富弘貴さん

 弊社の社員と同じ時間に出社し、朝の清掃、社員朝礼に参加し、選別センター、製造工場、物流センター、事務作業、インターネット事業、セレモニー事業、など様々な部署の業務を一日ずつ学ぶプログラムを受けていただきました。5日間を終えたお二人の感想をご紹介いたします。

■樋口さんのレポート「これからの目標・なりたい自分像」より
『どんな時も笑顔を忘れず、人を笑顔にしたり元気にできるような人になりたいです。あたりまえのことをあたりまえにすることは、簡単ではありませんが、それができる人間になりたいです。そして私みたいになりたいと手本となれる人になりたいです』

■國富さんのレポート「インターンシップに参加する前と後で変わったこと」より
『今まで働くというのが全然わかりませんでしたが、製造や物流、セレモニーの体験をしたことにより、それぞれでの苦労であったり、楽しさ、嬉しさを感じることができました。人としての経験という意味でとても成長できたと感じております。また、自分に誇れる仕事が出来る人間になりたいとこの5日間で強く思いました。』

 お二人の日々のレポートには「笑顔」「元気」「人として」「当たり前のこと」「成長」という、ジットグループが最も大切にしている言葉がたくさん出てきました。それぞれの部署の社員の仕事やスタッフ間の関わりを見た学生の皆さんに、私の一番伝えたい念いを感じ取って頂けたことが何より嬉しいことでした。樋口さん、國富さん、5日間お疲れ様でした。またいつでもジットにきて下さい。

山梨大学HPに紹介されました

 先日、食べるぶどうジュースを共同開発して頂いている山梨大学学長の島田様にお目に掛かる機会を頂戴いたしました。また、その時の様子を山梨大学のホームページで紹介して頂きました。


こちらからご覧いただけます

 商品開発のご指導を頂いている柳田教授のマスコットキャラクターのラッピングバスや、FM富士で流れているCMも皆様に大好評で嬉しい限りでございます。山梨のおいしいものを、日本中、世界中の方に知って頂きたい、食べて頂きたい、そして山梨県にたくさんの方に来て頂きたいという一心で始めた食べるジュースですが、少しずつ皆様に知って頂くようになり「知っているよ」「食べたことあるよ」と声を掛けて下さる方が増えてまいりました。この新規事業に関わらず、今行っている「コツコツ」がとても大切だといつも思っております。半年後、一年後にコツコツと積み重ねた努力が必ず芽を出し花を咲かせると信じ、日々取り組んでまいります。


山梨から世界へ!

 甲府駅南口から徒歩5分の通りに新たに広告看板を出しました。



 中央自動車道の永福にも看板を出しておりますが、これは自社アピールの為のものというより、この看板を目にした他県の方が「山梨いいね!」と、また山梨県の皆様が「山梨、頑張ろう!」と感じて元気になっていただきたいという念いで行っている取り組みのひとつです。

ジットグループは元気と笑顔だけはどこの企業様にも負けないと自負しております。地元山梨から日本へ、夢、元気、勇気、希望を伝え社会に貢献する企業を目指し行動いたします。