朝日新聞に掲載されました

 11月28日の朝日新聞の「令和元年ふるさとの味 直送便」に山梨県を代表する「ふるさとの味」として山梨Madeの食べるジュースが選ばれました。


47都道府県の「ふるさとの味」が一堂に会する特集です。


山梨県の記事です。

 10月に、朝日新聞社より山梨Madeの担当者あてに「山梨県のふるさとの味として「食べるジュース」を紹介したい」とのお問合せを頂きました。後日、問い合わせくださった新聞社の方にお話しを伺ったところ、山梨の商品を探すために色々と調べている中で、山梨Madeのホームページが目に留まったとのことでした。

 先日の「ネプリーグ」での放送もそうですが、「食べるジュース」に興味を持ってくださった様々なメディアの方が、いろいろな提案をして下さるようになりました。山梨Madeを立ち上げて丸3年。はじめは不安も多くありましたが、今、すこしずつ私たちの念いが日本の皆様に届き始めている事を実感しております。

 まだまだ課題は多くありますが、山梨Madeの事業を通して「山梨県に行ってみよう!」と感じて下さる方を少しずつでも増やしていけるよう、全社一丸となって前進してまいります。

第62回 山梨県更生保護大会

 先日、「更生保護制度施行70周年記念 第62回山梨県更生保護大会」が行われ出席してまいりました。私は山梨県更生保護協会副理事長として活動しており、今大会は副大会長の命も受けております。


犯罪や非行のない、安心・安全な明るい社会を作るために私達に何ができるのか、大変考えさせられる時間でした。

 大会の中で、更生保護に功労のあった方々や企業への顕彰がありました。


当社も更生保護に賛同する企業ということで恐縮ながら感謝状をいただきました。


 世の中には様々な方がいます。しかし、誰しも命はひとつ。人生は一度しかありません。そしていつその命が尽きるかは誰にもわかりません。だからこそ、私たちジットグループは「今」「この時」を全力で生きています。そしてこの生かされている命を熱く熱く燃やし、仕事を通して社会に貢献し、地元から山梨、山梨から日本へと勇気と元気、そして笑顔を発信してまいります。

















ジットリサイクルインクCUP綱引き選手権

 先日第38回ジットリサイクルCUP山梨県綱引選手権大会が緑ヶ丘体育館で行われました。


この大会は昨年よりジットの冠として開催されており、私たちもジットチームとして昨年から選手として競技に参加させて頂いております。

 昨年は全員が初心者でしたが、ジットパワーで「わっしょいひっぱり隊部門」の準優勝をおさめることができました。そして会場にいた参加選手の皆さんの懸命な姿を見て、私を含め参加した社員全員が綱引き競技の魅力に惹かれ、今年は中澤副会長にもご協力頂き優勝を目指して毎週練習を行ってきました。




私も選手の皆さんに向けて応援メッセージと練習で感じたことを述べさせて頂きました。

 綱引き競技は体が大きな選手が有利だと思っておりました。しかし体が大きな男性のチームと体の小さくか弱い女性社員が向き合って綱を引いたとき、男性チームは力が強くても綱が波打ち力がしっかりと綱に伝わっていませんでした。一方、女性もいるチームは体制が揃い綱がピーンと張っていました。結果、勝敗は女性のチームが勝ちました。それを見た時、綱引きは体の大きさではなく、チーム全員の”心が一つ”になっている事が最も重要だと気がつき大変感動致しました。そして、選手の皆様には、どうか気持ちを一つにして練習の成果を十分に発揮して頑張って頂きたい、と皆さんにお伝えしました。


今年はこの10名がジットチームとして競技に参加しました。

 監督は昨年選手で活躍したセレモニー社員
セレモニーより力自慢の男性社員が3名、今年入社の女性社員が2名
ジットより筋肉自慢の男性社員1名、女性事務社員2名
たいようより地域の消防団でも活躍している男性社員1名です。
今年は目指せ!優勝!


予選が始まりました。
練習で特訓した姿勢で心を一つにして綱を引きます。


1試合勝利しました。みんなで勝ち取った喜びは仲間との絆を深めます。


2試合目は選手交代!女性社員が2名入り挑みました。


2試合目も勝利‼︎
プレッシャーを感じていた女性社員も大喜びです!
このまま予選も勝ち進みます。


UTY原田社長と


ちびっこもジットの旗を持って可愛く応援です!


ジットグループの仲間たちも、前日が出勤日だったにも関わらず、貴重な休日を割いて応援に駆けつけてくれました。感謝!感謝です!


試合中もたくさんの声援が飛び交いました!
子どもたちも一生懸命です!ありがとうございます!


ついに決勝!
今まで一緒に練習してきた仲間のためにも、ご指導頂いた先生方のためにも、昨年の悔しさを払拭するためにも残った力を振り絞り”心を一つ”にして綱を引きます。


見事!目標であった「わっしょいひっぱり隊部門」で”優勝”をすることができました!NO.1のポーズで記念写真をパシャリ!


今回綱引きを通してジットグループの絆を深め、目標に向かって取り組みその目標を達成する力をつけることができました。

 お忙しい中、毎週ご指導してくださった中澤副会長、先生方、本当にありがとうございます。一層綱引きの奥深さを知ることができました。来年はさらにワンランクレベルを上げ混合の部で参加をしたいと考えています。今年は競技用シューズを買い揃えましたが、来年はベルトやアンカーパットを準備し、少しずつではありますが装備も整え、更なる目標に向けて精進いたします。

 仕事もスポーツも「心を一つに」がモットーのジットグループ。綱引き競技を通して山梨を元気に!山梨から世界へ!何事にも全力投球してまいります。
 
 また今回の大会の様子は【12月31日大晦日16時より】テレビ山梨で放映されます。是非ご覧下さい!

日本経営品質賞 経営品質推進賞

 昨年、日本経営品質賞への応募申請をし、経営革新奨励賞を受賞を致しました。外部の組織に、経営品質について審査してもらうことで、自分たちの今の立ち位置を客観的に評価してもらい、課題が抽出されました。幹部を中心に様々な意見を交わし、経営革新に向け取り組むことで、従業員一人一人の人間力を高め、成長することを最大の目的として取り組んでいます。また、私たちがこの賞を受賞することで、山梨県を全国の皆様にも知っていただきたいとも思っております。

 本年も、更なる高みを目指し引き続き申請を行いました。書類審査の後、トップインタビューを受け、現地審査のために山梨本社にご来社をいただきました。そこで、提出した申請書類の内容を従業員や幹部へのインタビューの中で確認していただきました。その結果を受け、日本経営品質賞委員会による表彰組織での決定を経て、11月25日にプレスリリースにて、結果が発表されました。

 結果は「経営革新推進賞」で昨年より一段階上の賞でした。昨年の受賞後、更なる革新を誓い、幹部を中心に全従業員で取り組んでまいりました。私自身が創業以来、トップダウンで引っ張り続けてきましたが、この取り組みを通し、徐々に社員一人一人が成長し、トップダウンからボトムアップの組織に変化し始めたことを確信いたしました。しかしながら、大賞にはまだ届きませんでした。

 今後も、経営品質革新の取り組み続けることで、社員一人一人の人間力の向上を目指しながら、従業員の幸せを実現し、一人でも多くのお客様、地域の皆様に元気や勇気を発信していけるよう、革新を続けてまいります。


▲経営品質協議会ホームページより

食べるジュース ネプリーグに登場

 毎週月曜日の19時からフジテレビで放送されている人気クイズ番組「ネプリーグ」の11月18日放送の回で、なんと「トロッコアドベンチャー」の賞品として、山梨Madeの「食べるジュース」を採用していただきました。


出演者の皆さんからは「おお!」「濃厚そうだ!」との声。


パッケージを見た女性出演者は「食べたい!!」と興奮気味でした。


これが自慢の「超濃厚」な食べるジュースです。


このコーナーの広告塔でもある村瀬哲史先生も、食べるジュースの美味しさの秘密や効能を熱く熱く語って下さいました。村瀬先生、ありがとうございます。


私どもの’’食べるジュース’’をかけて、出演者の皆さんのチャレンジがスタートしました。

 放送後も大変大きな反響をいただき、放送終了後からホームページへのアクセス数が4500を超え、ご注文が殺到しました。山梨の工場でこのジュースをひとつひとつ手づくりしている女性社員たち、日々このジュースを広めるために飛び回っている営業担当者たち、そして同じグループ会社の仲間たちもとても喜び、大興奮でした。友人知人からも「テレビみました!」とたくさんの連絡を頂き、あらためてテレビの影響の大きさを感じました。

 私たち山梨Madeは、山梨県産の果物を使用した加工飲料と加工食品の製造販売事業を通して山梨の活性化を図り、地域社会の発展に貢献してまいります。

 この度、私どもの商品を取り上げて下さった株式会社フジテレビジョン 第二制作室「ネプリーグ」ご関係者の皆様、村瀬先生、本当にありがとうございました。

工場見学

 先日、埼玉県より区長会の皆様がご来社下さいました。



参加していただいた20名の皆様は、地域の自治会活動において活躍されております。
今回は皆様から、「ジットのリサイクルインクについて学び、地元の自治会活動等で役立てたい!」と、ご連絡をいただきました。

私より先輩である皆様が、ジットの活動に関心を持って下さり遠方よりお越し頂き大変嬉しく思います。



見学後の皆様から頂いたアンケートのご意見、ご感想をご紹介させていただきます。

〇興味を持った取り組み、また、印象に残った取り組みはありましたか
・社員に対する取り組み(愛情)
・障害者・子育て支援の取り組み
・我々が住む地域ではインクの回収を行っていてなく、いつもカートリッジを捨てる時に
 もったいないと思っていた。これからは回収BOXに入れる。
・全部の取り組みが素晴らしい!!今後も期待したい
・雇用、社員の一体感。チャレンジ精神。
・社員の資質向上の取り組み
・障害者の活用に感心した。

〇感想をお聞かせください
・大企業にないファミリー企業の実態を知り、非常に良い社風と思った
・単純にリサイクル会社かと思っていたが、多様(福祉も含む)な分野に
 取り組んでいることにした感銘した
・説明に力がこもっていた。会社が好きなのかな!
・元気な企業を見学できてよかった
・元気で意欲的な企業であった。社員の挨拶が良かった。
・リサイクルの重要性を学べた。また来たいです!
・日々の進化と社員の対応の良さに感心した
・全てパーフェクトで素晴らしかった
・サービスとは何かを知っている会社ですね
・これからは回収BOXへ入れようと思った


このような皆様からの温かいお言葉が私たちにとって何よりの励みになります。そして弊社の取り組みに賛同頂き共に廃プラ問題に取り組みたいとたくさん回収BOXもお持ち帰り頂き、回収BOX設置のご紹介も頂きました。本当に感謝、感謝です。
またご来社して頂いた際には、今回以上にパワーアップした私たちをご覧いただけるよう、ジットグループ一丸となり熱い念いを持ち日本全国にリサイクルの輪を広めて行けるよう行動してまいります。


富士川町駅伝大会

第10回甲州富士川まつりと同時開催された富士川町駅伝に今年もジットグループの精鋭たちが出場いたしました。


6名の選手とサポーターの皆さん
早朝からたくさんの方が応援に駆けつけてくれました。


1区、たいよう2年目社員。


2区、セレモニー1年目社員。


3区、業務部2年目社員。


4区、製造部11年目課長。


5区、研究開発部4年目リーダー。


6区、たいよう10年目課長。ゴールです!




ゴール後みんなで、美味しいお弁当そして毎年恒例の富士川町郷土料理「みみ」を食べました。


たくさんの従業員の皆さんが応援に駆け付けてくれました。元気いっぱいの声援をありがとうございました。


 気持ちの良い秋晴れの中、颯爽と富士川町内を駆け巡る選手たちから元気や勇気をもらいました。また、選手たちも沿道から「ジットさん頑張れ!」とたくさんの声援に支えられ、最後までタスキを繋ぐことが出来ました。
私たちジットグループは地域の皆様に支えられながら走っていることを改めて感じました。感謝、感謝です。皆様に恩返しができるよう、これからも社員一丸となり仕事もイベントも全力で励んでまいります。

甲府駅前街頭清掃

先日、毎月第1日曜日の朝5時50分から山梨掃除に学ぶ会様主催で行われている「甲府駅前街頭清掃」に前日も出勤日で貴重な休日にも拘わらず、30名の社員たちが自主的に参加してくれました。感謝!感謝です!


すっかり秋も深まり多くの散り落ちた葉が広がっておりました。ほうきで落ち葉を綺麗にかき集めます。


店舗前も皆さんが気持ちよく利用できるよう掃除させて頂きました。
「ご苦労様!」「ありがとう!」と頂く言葉によりやる気が湧きます。


道路の溝に詰まった葉も綺麗にかき出します。


公衆電話内の壁も拭き上げピカピカです。


参加したジットグループの仲間たち

11月に入り日に日に朝晩冷え切ってまいりました。
今回も多くの社員が寒い中、掃除に参加してくれて本当に有難いです。
この時期は枯葉も多く掃除し甲斐があります。
先祖は散る桜の花びらの一枚一枚、吐息の一つ一つにも命が宿ると考え、感謝な念いを持って接してきました。落ち葉に対しても「今まで甲府駅を紅葉で彩ってくれてありがとう」と”感謝”の気持ちを持って丁寧に掃除をします。


会社にもたくさんの植物を愛情たっぷり育てていますので、落ち葉入れを設置しております。

私たちは日々生かされている命に”感謝”そして仕事を通して地域に貢献できることに”感謝”の気持ちを常に持ち、これからも社員一人ひとりの人間力を上げていけるよう行動してまいります。

ハロウィン

先日にこにこキッズ保育園の17名の子どもたちがハロウィンの仮装をして本社に遊びに来てくれました。

みんなそれぞれの可愛い仮装姿で楽しませてくれました。


とても可愛い小さな魔女


クオリティが高いミニオン


セレモニー社員のお子さんと一緒に

たくさんの子どもたちのキュートな姿に私も社員も皆、大変癒されました。これからもにこにこキッズの園長として、日本の未来を担う子どもたちの”幸せ”のためしっかりと使命を果たし、働いてくれている社員、そして地域の皆様のため”安心・安全な保育園”を運営していきます。

たいよう保護者向け工場見学

 2015年から「NPO法人ジット会たいよう」の工場見学を行っておりますが、今回初めてご利用いただいている皆さんの保護者向けの工場を行いました。


20家族23名の皆様がご来社下さいました。


私も理事長としてご挨拶をさせて頂きました。
挨拶の中で私たちがたいようの仲間をジットグループの家族として大切にしているという念い、生きがい・やりがいを感じられる職場環境、そしてたとえ急な災害が起きても安心してお預かりできる環境が整っていることをお伝え致しました。


実際にご家族の皆さんが一生懸命に働いている姿をご覧頂きました。
保護者の方にとってご家族がどのようなところで働いているのか。どんな人たちと働いているのか。一番心配されるところだと思います。
実際に保護者の皆さんもご家族が生き生きと働く姿をみてとても安心されていました。



見学が終わったあとのアンケートには用紙いっぱいのご意見、ご感想をいただき、開催して良かったなと大変嬉しい思いでおります。

アンケート 保護者の皆様より

Q:興味を持った取り組み、印象に残った取り組みはなんですか?
・インクカートリッジの種類の多さ
・経営理念が先にあって、それに沿って働いているということ
・今後考えている農業の仕事
・石坂理事長の経営内容の話が大変すばらしかったです
・ロボットでの効率アップが進んでいるところ
・全てが感動しました、職員の皆様も心と向いている方向が同じことが素晴らしい
・全てに目標があり生きがい、幸せつくりに繋がる環境
・個人に合わせて仕事内容を決めてあってとてもよかった
・ジットグループ全体でリサイクルやイベントに取り組んでいる姿
・休憩時間がゆっくり過ごせるようにしてある工夫
・全員が頑張っている姿に胸を打たれました

Q:印象に残った社員、職員はいらっしゃいますか?
・社員に皆さんの対応がとても分かりやすかった
・全員笑顔で素晴らしかった
・皆さん丁寧、会社の良さが分かります
・前に出る方は声が素敵で聞きやすい

Q:見学に参加されてのご感想をお聞かせください
・まじめに取り組む姿に感動しました
・実習で見学した時よりもテキパキ作業をしており成長を感じました
・皆様の働いている様子が実際に分かり良かった
・食堂や休憩室なども拝見させていただき安心しました
・これからもたいようの皆が仲良く仕事ができるようにしていってほしい
・充実した時間を過ごせました
・仕事をしてるところを見学させて頂けるととても安心できます
・整った環境の中で仕事をさせていただいていることを感じました
・久しぶりに入社後の成長した姿を見ることができたり、休憩スペースなど普段の様子が思い浮かびました
・このような見学会を開いていただきありがとうございます
・現場実習から見学させて頂いた時とたいように入ってからの本人の様子、
顔つきが違うことを実際に見ることができてうれしかったです
・本人の話だけでは分からないことも多い中で実際に見ることが出来てよかった
・子供の個性を理解して対応してくださることが何よりもうれしく思います
・子供が仕事内容を説明してくれますがイマイチ理解できませんでしたが今回それがよく分かりました


 これからも「たいよう」で働いて下さる皆さん一人ひとりがやりがい・生きがいを持って働ける職場を目指し、ご家族や関係者の皆さんに信頼して任せていただける、アットホームでぬくもりのある事業所を創っていけるよう日々精進してまいります。