たいよう見学会

 私どもジットグループは、ジット株式会社(リサイクルインクの製造販売事業)株式会社ジットセレモニー(冠婚葬祭事業)NPO法人ジット会たいよう(障がい者就労継続支援事業所)より成り立っております。

 「たいよう」では、毎月一度、見学会を開いており、山梨県内の様々な支援事業所や支援学校の職員や利用者の皆様にご参加いただいております。本日はその様子をご紹介致します。


会社概要、事業所を興した念い、今一緒に仕事をしている仲間の紹介などをスクリーンを使ってお話しさせて頂いてます


 たいようの選別工場とジットリサイクルインク生産工場は、同じ工場内にあります。日本全国から集められた空のカートリッジが、たいようの利用者の皆様の手で選別され、すぐ隣のジットの生産工場に投入され、リサイクルインクに蘇る様子が見学通路からご覧頂けるようになっております。仕事の大きな流れを掴んで頂いたのち、実際に現場に移動し、事業所の様子をご案内しております。


見学後のアンケートにはたくさんのご意見を用紙いっぱいに頂いております

 山梨県の人口が減少している中、私たちのような事業所を必要としている方は増加傾向にあるのが現状であります。そんな方々のやり甲斐や生き甲斐、元気や勇気の源となる、まさに太陽のような事業所を目指して精進致します。


 

さくらんぼ狩り

 南アルプス市の名物さくらんぼ。週末になると、県内外より沢山の方がさくらんぼ狩りに訪れている様子が目に飛び込んできます。当社も今年は新しい試みとしてカンジュクファーム様のさくらんぼ畑の中に「ジットの樹」を購入いたしました。いつも会社のために頑張ってくれている社員の皆さんや、日頃お世話になっている方々と一緒に、ジットの樹のさくらんぼ狩りを楽しみました。


食べてしまうのが惜しいほど綺麗で美味しいさくらんぼ

 
まずはお客様へ発送するさくらんぼの収穫


男女問わず皆さくらんぼが大好きです


この日一番の笑顔

 人生、仕事、何においてもそうですが、「実を結ぶ」という事は、大変な手間や時間がかかり、時には失敗もあります。そのような中で、宝石のようなさくらんぼを一生懸命育ててくださったカンジュクファームの皆様に心より感謝致します。ありがとうございます。

 

ジットグループ運動会 

 山梨県も梅雨空が続いております。毎朝、社内清掃が終わるころには、社員はみんな汗だくです。
 本日は、5月にジットスタジアムで行った運動会の様子をご紹介します。


開会 チームごとに整列です

新入社員による選手宣誓

準備体操は念入りに

大先輩 保坂会長が駆けつけてくださいました

たいようの仲間も参戦です

いざ出陣!チームごとに円陣を組みます

最初の競技は玉入れ

裏方でも新入社員大活躍です

最強の応援団 

綱引き
 
障害物競争 

子供たちも大活躍です

選抜リレー とても燃えました
 
球場でキックベース 贅沢です

MVP・敢闘賞の表彰後万歳三唱

実行委員長と副委員長
前日までの段取りや早朝からの準備
遅くまでの片付けとお疲れ様でした
ありがとう 感謝 感謝

 この運動会の後、賞金や参加賞を元手にそれぞれのチームごとに打ち上げ会を行ったようです。運動会自体もとても大切ですが、そのあとに一緒に食事をしたりお酒を酌み交わしたりする中で、日頃会話をする機会の少ない仲間とコミュニケーションを図ってもらいたいという念いがあります。この日もたくさんの笑顔と新たな絆が生まれた事と思います。
 さらに結束を高めたジットグループ。本日も一日、地域のために、山梨県のために頑張ってまいります。

BLUE STAR MAGAZINEに掲載していただきました

 観測史上初の大雨が降り続く熊本県。震災の傷も癒えない中で、大雨の被害が報じられるたび、胸の痛む思いでおります。どうか一日も早く皆様に笑顔が戻る日をグループ一同お祈りしております。
 
 
 先日、「山梨を支える人」「企業の魅力」を編集者の方々の独自の視点で紙面に載せ、よりダイレクトに読者に伝えるフリーマガジン「BLUE STAR MAGAZINE」の取材がございました。結婚、出産を経た女性社員が100%復帰する職場として、たくさんの女性社員がインタビューを受けました。日常の様子の撮影などもあり、とても優しい時間が流れていたように思います。

 
 私も「山梨県を元気にするために」そしてその要になるであろう「働く女性について」のお話しをさせて頂きました。

 
表紙


入社9年目の社員がメインページを飾りました


ジットを支えてくれている女性社員

 時代は瞬く間に流れていきます。2008年に女性の終身雇用を目指し、託児所「にこにこキッズ」を開設いたしました。そして現在その託児所に、当時新入社員であった女性社員が何名も、結婚出産を経て子供を預けて働いております。これは本当に嬉しく幸せなことであり、彼女達には今からもっともっと「母として」「妻として」「働く女性として」輝いて頂きたいと強く思っております。そして私もそれを全力で支援してまいります。
 この度の「BLUE STAR MAGAZINE」は大学や書店に設置されているとのこと。他にも山梨県の素晴らしい企業様や素敵な女性の皆様の様子が掲載されております。是非、一度お手に取ってご覧いただけたら幸いでございます。

 

新入社員歓迎会

 2016年度がスタートしてから、早いもので3か月が経過しようとしています。新入社員を迎えた頃はまだまだ肌寒く、ジャケットを手放せませんでしたが、気が付けば梅雨に入っており、時の流れの速さを痛感しております。

 過日甲府プラザで行いました新入社員の歓迎会の様子をご紹介します。


7名の元気な新入社員です


ひとりひとりスクリーンを使い
自己PRを行いました


先輩社員からの歓迎寸劇に
飛び入り参加しました


参加の御褒美はうまい棒です


こちらは罰ゲームのセンブリ茶


ペアリーダーの先輩と


去年は歓迎される側でしたが
今年は立派に企画・進行を務めました


先輩たちも可愛い後輩達と
美味しい料理に上機嫌です


甲府プラザを陰で支えてくれている二人
いつもありがとう 感謝 感謝


 終業後の楽しいひと時。新入社員の皆さんも、それ以外の社員の皆さんも、それぞれに沢山のコミュニケーションを図ることができたのではないかと思います。絆を深めるためのイベント、これからも大切にしてまいります。






2016年度入社式

 4月1日、毎年会社に新しい風が吹き込む入社式。当グループに緊張と期待に胸を膨らませた新入社員が8名入社致しました。

入社おめでとうございます
 
 毎年同じことをお話しさせて頂いております。今年も「私たちジットグループは仕事を通じて社会に貢献することが使命であり、特に新入社員は日々元気いっぱいに行動し、失敗を恐れずまっすぐ前向きに進んで欲しい。今日からあなた方はプロフェッショナルです。成功は約束できませんが、成長は約束致します。今から共に頑張りましょう」とお話しさせて頂きました。


初仕事。自己紹介をしました

 
辞令交付の様子緊張した面持です

 
専務に社章を付けてもらっています

 
たいようにも新入社員が入りました


 サプライズで親御様からのお手紙の朗読。
 感謝と感激、涙、涙のひと場面でした。

 また、入社式のあとそれぞれの親御様へ手紙を書きました。そしてそれを親御様に手渡した新入社員から、今朝「”頑張って!”と一言、背中をポンと叩かれました。」と報告がありました。親御様の気持ちや、彼女のやる気、決意が伝わり、大変感動いたしました。新入社員8名、大いに頑張って頂きたいと思います。





 

‐最新版‐会社案内を作成しています

 会社案内の冊子、DVDを最新版にするための映像撮影が行われました。出演しているのはもちろんジットグループの従業員。会社の念い、商品への念い、また日常の風景を中心に撮影は進められ、今までとはまた違った、創業25周年を機に変えたコーポレートマークに沿う「ジットグループ」がうまく表現されているのではないか・・・と自社のことながら思っております。

朝の掃除からジットGの一日は始まります


ジットGの命ともいえる朝礼風景です


「たいよう」の利用者から支援員へ選別されたカートリッジのリレーです


「たいよう」からやって来た空カートリッジに命を吹き込み製品ができあがります


製品を梱包してお客様のもとへ


私も会社の念いをお話させていただきました


Passion and progress.
ジットは未来へ向かって行進中です

 商品をつくりあげているのも、サービスを提供させていただいているのも、私たち『人』であります。今月末には当社ホームページからもご覧いただけるように致しますので、そんな私たちをご覧いただき、ジットを感じていただけたら幸いでございます。

冊子「人事実務」取材

 先日、人事労務に関するタイムリーな話題や基本的な事項などをまとめた内容の月間冊子「人事実務」の取材がございました。

 会社の生い立ちから今日までの取り組みや、山梨県を元気にするための地元人材の採用、女性の終身雇用と託児所などについてお話をさせて頂きました。


 毎朝全社員が集い行う弊社の朝礼では、私のパワーを従業員の皆さんに送り、私も彼らからパワーをもらっています。

 
 従業員の皆さんが遣り甲斐をもって仕事をすることでその家族が幸せになり、やがてはインクを使うお客様、協力会社の皆様の幸せにつながっていく・・・ということをよく申しております。目的をよくよく考えていけば、おのずと次にするべき事がわかります。これからも、山梨県のために私にできることを精一杯行ってまいります。

協力会社様の会

 先日、日頃より大変お世話になっております協力会社様をお招きして「親睦会・意見交換会」を行いました。 ジットのインクを使って下さるお客様の幸せを念い、山梨を元気にしたい!と願いながら今日まで社業に取り組んでまいりましたが、そのインクをつくる為にご尽力いただいている皆様とこのような時間を設けたことがないことに今更ながらに気づき、創業より25年、初めてこのような会をもちました。




社名の由来でもある「Just In Time」の理念で商品の注文を受け、お客様のもとへ出荷しているということを改めてお話しさせて頂きました。

 
工場見学の様子

 
食事会の様子




相互の幸せのためにどのような事をしていったら良いかを共に考えながら意見の交換を行いました。

協力会社様なくして、ジットの存続はございません。皆様、大変お忙しい中、誠にありがとうございました。

「鍵山相談役を囲む新年の集い」にて

  先日、株式会社イエローハットの相談役でいらっしゃる鍵山秀三郎氏の講演会に参加致しました。鍵山氏は、日頃より日本を美しくする会の清掃活動、講演会、研修会などを通じて数多くの学びを頂戴している、私が尊敬して止まない方であります。





 この度のご高話の中で、昨年秋にご自身が急病に倒れ、救急車で搬送され、手術を受け、そしてその後しばらくの入院生活を余儀なくされた中で、鍵山氏が実行された様々なことを伺いました。ご家族や従業員の方へはもちろん、ご自身の搬送に関わった救急隊員の方々や、病院の中で関わった医師や看護師の方々への気配り、目配り、心配りに、「そこまで周りに想いを馳せることができるものなのか」と、私などが到底及びもつかない次元のお話しに大変驚き感銘を受けました。私もただ「感銘を受けた!」「素晴らしかった!」だけで終わらせることなく、少しでも鍵山氏のような心で周りの方々と接していけるよう精進致します。

 また、この会を企画運営して下さった株式会社トラストの社長様はじめ従業員の皆さま、素晴らしいお心遣いとおもてなしをありがとうございました。


新年の集いにふさわしい素敵なイラストと来場者一名一名の名前が記載されたカードを受付で頂きました


裏返すと座席が示してあり大変ありがたかったです