災害時における葬祭業務支援に関する協定締結式

 本日中央市役所にて「災害時協定締結式」が行われジットセレモニーの代表として出席してまいりました。先日の甲斐市様に続いて2市町村目の協定締結となりました。

 


 ここ数年、日本全国で起こっている様々な災害とその被災地の話を聞き、もし山梨県で災害が起きた時に、私たちが山梨県の皆様のために出来ることは何だろうかと常に考えておりました。2011年に発生した東日本大震災の時も、社員や知人友人に声を掛け、翌々日には2tトラックに積めるだけの救援物資を積み、社員と一緒に被災地に向かいました。つい先日起きた北海道地震については、ちょうど札幌に滞在しておりましたので、大きな揺れと恐怖を体験し、さらに土砂崩れ、停電、断水、交通マヒと、地震直後の被災地のパニックも目の当たりにしています。現在、山梨県でも災害対策に動いて頂いている中ですが、弊社所有のセレモニーホールを、市と連携し、災害時の避難施設として開放し、備蓄水、布団、ハンディライトなどを無償で提供することで、地域の皆様のお役に立つことができないかと、田中市長様に相談いたしました。
 

協定書に調印いたしました


田中市長様からも、「災害時における連携を構築できた事は大変ありがたいことです」と温かいお言葉を頂戴いたしました。

 田中市長様からのお話の中にもありましたが、災害は起こらないことが一番ですが、いつ、どんな時に、何が起きるかは誰にもわかりません。しかし、その万が一の時に備えて出来ることはすぐに行動に移していかなければと思っております。弊社に出来ることは微々たることですが、これからも、山梨県の一人でも多くの方に「ジットがあってよかった」と言っていただける提案をしていきます。

スマイルズに掲載していただきました

 交易財団法人 交通遺児等育成基金様より発行されている「スマイルズ*基金だより 2018年秋号」に、当社の使用済みカートリッジを使っての取り組みを取り上げていただきました。




掲載記事

 平成20年から、使用済みカートリッジを使っての寄付活動に取り組み始めました。本当に小さな取り組みではありますが、どんな小さな事も積もり積もれば大きくなって、誰かのお役に立てたり、誰かの幸せに繋がっていくと信じております。

 使用済みインクカートリッジは、ごみ箱に捨ててしまえばただのゴミ。しかし、ジットの回収BOXに入れていただければ、ゴミになるはずだったカートリッジに命を吹き込み、必ず環境保全や社会貢献に繋げてまいります。

 環境と未来ある子供たちを守る愛の輪を山梨から日本、日本から世界へと広げていけるよう本日もチームジット、一丸となり全力投球いたします。

富士川町ママさんバレーボール大会

昨日、富士川町のママさんバレーボール大会が開催され、例年のごとくチームジットも参加させていただきました。


リニア開通に伴いこの体育館もこの秋いっぱいで閉館することになりました。最後に思きりプレイできて本当に良かったと思います。


 ジットグループを代表して「当グループのゲートボール大会も16年目を迎えましたが、、36回目を迎えるこの大会に負けないように頑張ります」と専務が挨拶をさせていただきました。


安定感抜群、業務部主任

19歳の新入社員も頑張りました

3年生 経理課リーダー

エース 人事課リーダー

この笑顔とパワーがジットグループ最大の強みです


応援団の皆さんです


 仕事の合間を縫って一生懸命練習してくれた選手の皆さん、応援に駆けつけてくれた皆さん、本当にありがとうございました。素晴らしい秋の一日をこのように有意義に過ごせたことに心から感謝します。仕事も繁忙期に差し掛かっておりますが、健康第一、毎日笑顔で元気に頑張りましょう。

 私たちジットグループは、スポーツを通して地域社会の活性化に貢献する企業を目指します。

大相撲富士山山梨場所2018

 昨日から始まった大相撲山梨富士山場所2018年。山梨出身の力士、竜電関を応援するために多くの観客がアイメッセに集まりました。10月10日の初日は4000人を動員したと伺っております。


前日には当プラザで「竜電山梨後援会」の役員が集まり、高田川部屋の皆様の壮行会を行いました。


弊社の従業員との写真撮影にも快く応じてくださいました


早朝から集まる大勢の相撲ファン


朝稽古


ちびっこ力士と人気力士の稽古


迫力満点の取り組み


大好きな力士との撮影会は笑顔が絶えません

 この日は、赤ちゃんを連れた育児休暇中の女性社員たちにもたくさん会うことでき、大変幸せでした。食べるジュースも出店させていただき、感謝感謝です。

 強く念う、念ったら行動に移す、それが次の夢や目標に繋がることを信じ、私たちも竜電関のように「私たちが山梨の将来を背負っているのだ」という念いを常に燃やして行動してまいります。
 

 

誕生日の食事会

 先日、ジット、たいようの準社員5名の皆さんと誕生日の食事会をいたしました。皆さん、おめでとうございます。


 年末商戦を控え、いよいよ繁忙期を迎えておりますが、毎年お客様にインクを届けることができるのは、工場でインクを実際に生産してくれている準社員、パートの皆さんのお陰です。現場での意見をたくさん出して頂き、大変有意義な時間となりました。

 感想を紹介させていただきます。

「先日は楽しい時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。普段はじっくり話すことのできない他部署の方達との語らいは大変刺激になりました。お料理も大変おいしく、笑いの絶えない会話に、疲れも飛んでいくようでした。ありがとうございました。」

「お忙しい中、私たちのためにお食事会をしてくださりありがとうございました。社長が常に私たち従業員のことを考えていることが改めてわかりとても感謝しています。社長、社員の皆さんの念いを受け止め、これからより良い生産を心掛け、もっともっと頑張っていきます。」

「本日は大変おいしいお食事を用意していただきありがとうございました。ジットに入って11年の月日が流れ、仕事はとても大変だけれど、やり甲斐を感じ楽しい事の方が多い会社だと思います。社長!!私は定年まで頑張りますよ!!社長も体に気を付けてバリバリのカッコイイ社長でいて下さい!」

「秋の味覚を堪能し、とても楽しい時間を過ごすことができたこと、本当にありがとうございました。来年4月に入社してくる新社員2人がとても頑張っていること、頼りになると話していました。朝礼で、社員全員が製造内にいないときは本当に困ってしまうので一人だけでも残って欲しいと意見が出ました。待っていてくださるお客様のために良質のカートリッジを投入することが大切な事。投入ミス、遅れがない様にしていかなければならいと思いました。」

「本日は誕生日会を開いて頂きありがとうございました。とても楽しい時間を過ごすことができました。普段なかなか話す機会がな他部署の人達ともコミュニケーションをはかることができ、とても良かったです。おいしい食事をありがとうございました。」

 いつも頑張ってくださっている従業員の皆さんに、感謝、感謝、感謝です。これからも、従業員一丸となって、よりよい製品づくりができる工場をつくってまいります。

災害協定締結

 昨日、甲斐市役所にて「災害協定調印式」が行われジットセレモニーの代表として出席してまいりました。



 ここ数年、日本全国で起こっている様々な災害とその被災地の話を聞き、もし山梨県で災害が起きた時に、私たちが山梨県の皆様のために出来ることは何だろうかと常に考えておりました。2011年に発生した東日本大震災の時も、社員や知人友人に声を掛け、翌々日には2tトラックに積めるだけの救援物資を積み、社員と一緒に被災地に向かいました。つい先日起きた北海道地震については、ちょうど札幌に滞在しておりましたので、大きな揺れと恐怖を体験し、さらに土砂崩れ、停電、断水、交通マヒと、地震直後の被災地のパニックも目の当たりにしています。現在、山梨県でも災害対策に動いて頂いている中ですが、弊社所有のセレモニーホールを、市と連携し、災害時の避難施設として開放し、備蓄水、布団、ハンディライトなどを無償で提供することで、地域の皆様のお役に立つことができないかと、保坂市長様に相談したところ、ご快諾いただきました。
 

協定書に調印いたしました


甲斐市の保坂市長様からも、力強く温かいお言葉を頂戴いたしました。



 災害は起こらないことが一番ですが、いつ、どんな時に、何が起きるかは誰にもわかりません。しかし、その万が一の時に備えて出来ることはすぐに行動に移していかなければと思っております。弊社に出来ることは微々たることですが、これからも、山梨県の一人でも多くの方に「ジットがあってよかった」と言っていただける提案をしていきます。
 


2019年度内定式

 来年4月より一緒に働く仲間の内定式を行いました。




内定書授与の様子です。皆さんとても緊張しています。


自己紹介です


2019年度は、ジットに2名、セレモニーに4名、たいように2名、入社予定です

 内定者の皆さんへ

 今までは将来立派な大人になるために、学生という立場でお金を払って勉強をしてきました。では立派な大人とはどんな大人のことを言うのでしょう。自分がいることで誰か一人でも笑顔になる人がいる、誰か一人でも幸せになる、誰か一人にでも勇気を与えられる人が立派な大人だと私は思っています。学生の今は人生の「練習」です。来年4月からは「本番」です。ですから、来年4月からは、全員がスタートラインにたち、今まで一所懸命練習してきたことを十分に発揮してほしい。自分が今まで歩んできた道を生かし、家族やお世話になった先生方のために恩返しをして下さい。

 一人でもの多くの人に幸せや笑顔を提供しようとすることが皆さんの使命です。日々、色々なことが変化していくのが当たり前の世の中ですので、その変化に対応する勇気、積極性を持って、昨日より今日、今日より明日、と、前向きな心で行動してください。

 会社は現在、28期を迎えています。皆さんは、グループで新卒採用を始めて、13期目の新入生となります。最後の学生生活を十分に謳歌し良い思い出を作り、また4月に、元気な皆さんの笑顔に会えますことを従業員一同、楽しみにしています。

定年退職おめでとうございます

 10月1日に62歳を迎えるジットセレモニーの金丸係長が本日を以て退職されました。

ご本人より「今日という日が迎えられたのも皆様のお陰です。本日を一度区切りとして退職をいたします。今から一年間は、趣味の登山を満喫しようと思っております。新しいテントも購入しました(笑)さっそく来月から出かけてきます。まだまだ体も心も大変健康ですので、また、戻ってくることができたら・・・と思っております。また皆さんに会いに参ります。」とのご挨拶をいただきました。

 私と金丸さんは同じ富士川町に住んでおります。15年前、当時別の企業で活躍されていた金丸さんにお願いをしてジットに来ていただきました。温厚な人柄と、人望で、ジットの総務部長からはじまり第2製造部を経て最後はジットセレモニーの管理部の係長として、お客様の管理やアフターフォローをして頂きました。もっともっと私たちと一緒に仕事をして頂きたかったのですが、一度仕事を離れて、長年の夢を叶えた後、また是非ジットグループに戻ってきて下さいと涙を飲んでお伝えいたしました。

 会社を興して27年、社員の平均年齢が30代後半と非常に若い当グループとして、金丸さんは定年退職する二人目の社員ですが、皆で笑顔で送り出せたことをとても嬉しく思っております。今、一緒に頑張ってくれている皆さん全員が、何十年後かに、本日の金丸さんのような日を迎えらる企業を必死につくってまいります。

 金丸さん、ご家族を大切に、お体に気を付けて大好きな山登りを満喫してください。そしていつでもジットグループに戻ってきて下さいね!退職、おめでとうございます。

本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございます。感謝、感謝、感謝です。






 

アンチエイジングフェア2018 in 台場

 9月20日(木)から23日(日)の計4日間にわたり、お台場のフジテレビ本社で「アンチエイジングフェア2018 in 台場~アシタ・キレイ・ゲンキ~」が開催されました。


当グループの山梨Madeも「食べるジュース」のブースを出展させていただきました。

 
雨や風が強く足元の悪い日もありましたが、連日たくさんのお客様が来場され、私たちのブースにも様々な方が訪問してくださいました。4日間で1300本を超えるジュースを販売させていただきました。

 私の家族や、知人友人、また会社の女性スタッフに、ぶどうや桃、いちごなどの食べるジュースを2ヶ月間、3か月間とモニターをしていただきましたが、皆さん口を揃えて「体や肌のトラブルが少なくなった」「朝からこのジュースを飲むととても調子が良い」と言って下さいます。前回と今回のフェアでイベントアンバサダーをなさったタレントのRIKACOさんらとオープニングセレモニーから出演され、ご自身も会期中にセミナーを行った、当社顧問の森下竜一氏(大阪大学大学院臨床遺伝子学教授)も、「食べるジュース」に含まれる豊富なビタミンEについて大変高い評価をしてくださっています。

 山梨県産の果物だけをつかい、一番栄養がある皮や種を丸ごとジュースにした「山梨Made」の食べるジュースで、日本中の皆さまの健康と美容に貢献できたら幸いです。


今後も、山梨県内外の様々なイベントにケータリングカーで出店いたします。お見掛けの際はどうぞお立ちよりください。




高校生の工場見学

 先日わかば支援学校の1年生20名が工場見学に来社されました。


スクリーンを使った会社説明をとても真剣な眼差しで見ていました。


何千個もあるカートリッジを仕分ける作業者を見て、とても驚いた様子でした。

 質疑応答の時間には、
「一日中、立って仕事をしているのですか?」
「インクはどうやってつくりますか?」
「お給料はいくらですか?」
「ごはんはどこで食べてますか?」
「たいようの皆さんはどうやって会社にきていますか?」
など、たくさんの質問が飛び出しました。また担当社員は、仕事をする上で大切なこと、今からすぐに皆さんにもできること、という話があり「大きな声であいさつ、返事をしましょう」「時間をしっかり守りましょう」と2つのことを伝えておりました。

 大変短い時間の中での見学でしたが、ジットグループを少しだけ知って頂けた見学会だったのではないかと、お帰りの際の皆さんの表情を拝見し感じました。

 私たちジットグループは、リサイクルインク事業、冠婚葬祭事業、障がい福祉事業、食品事業、保育園事業をとおして社会に貢献する企業を目指し、まい進してまいります。