大相撲富士山山梨場所

 10月12日、アイメッセ山梨にて、大相撲富士山山梨場所が開催されました。当グループも応援させていただき、私も間近で観戦させていただきました。台風19号上陸のため悪天候ではありましたが、会場はとても賑わっており、間近で観戦ができるこの日を皆様、楽しみにしているようでした。


横綱はやはり貫禄がありました






山梨Madeも会場の中で、ブースを出させていただきました。ありがとうございます。

 地元山梨のお客様の大歓声のもと、竜電関も粘りの取り組みを見せてくれ、見事勝利いたしました。やはり、地元力士の活躍は嬉しい限りです。これからも更なる高みを目指して、活躍されることを心から祈っています。私たちも竜電関に負けないように、常に全力投球、社業に励んでまいります。

竜電後援会

 先日行われた、大相撲富士山山梨場所の前夜、竜電山梨後援会の役員がジットプラザに集まり、高田川部屋の皆様の壮行会を行いました。台風が心配される中でしたが、温かい食事を囲みながら、和やかな会となりました。




当社のホール担当社員と

海外から見えたお客様と。力士との記念撮影、大変喜んでいらっしゃいました。

新入社員と力士の皆さん。

 竜電関は、果敢な取り組みで、いつも私たち山梨県民に元気と勇気を与えてく出さっています。山梨出身の力士が頑張っている姿を見るだけで、私も、もっともっと高い目標をもって頑張ろうとパワーが沸いてきます。私自身も竜電関のように、一人でも多くの皆様に笑顔と元気をお届けできるよう、いつも元気、いつも一生懸命、何事にも全力投球、社業に邁進してまいります。

富士川町ママさんバレーボール大会

スポーツの秋。
今年も富士川町のママさんバレーボール大会が開催され、チームジットも参加させていただきました。


毎年地域のママさん達に圧倒されていましたが、今年のチームジットはひと味違います!2試合出場しましたが、各試合1セットずつとることが出来ました。




司令塔のセッターは私と同級生のジットセレモニースタッフ
今年からチームジットの心強いキャプテンとしてチームに加わり、みんなを引っぱってくれました。


今年も大活躍の製造部社員


エース!パワーみなぎるセレモニー新入社員


監督はセレモニー社員が務めました。


みんなでボールを繋ぎ、勝ち取った1点1点は”仲間との絆を深め”そして”感動”となり選手と応援団も1つに団結していきます。


貴重な休日の中、たくさんの社員とその家族が応援に駆けつけてくれました。
本当にありがとうございます。


ちびっこ応援団も一生懸命応援です。


応援団団長、いい旗振りです!


 選手の皆さん、素晴らしい試合をありがとうございました。この”笑顔”がジットのパワーです。
また、応援に駆けつけてくれた皆さんに感謝、感謝です。
今回の大会は台風も重なり、開催が心配させていましたが、皆無事で全チームが参加することができ大変嬉しく思います。
ジットグループは仕事もスポーツも熱く全力で取り組みます。来年は練習も強化しもっとレベルアップした姿が見せられるよう頑張っていきましょう。
そして今からは繁忙期に差し掛かっておりますが、健康第一、毎日笑顔で元気に頑張りましょう。
これからも元気と笑顔を広げ、地域社会をもっともっと盛り上げていけるよう、チーム一丸となり努めてまいります。

ゲートボール大会

 10月10日(木)に、第19回目のセレモニー主催、親善ゲートボール大会を開催しました。この大会は、ゲートボールを通して、健康で豊かな社会生活づくりと愛好者相互の親善交流を深める事を目的としております。
私は当日出張に出ており出席することはできませんでしたが、ジットセレモニーのみなさんとジットからは社長代理で萩原部長が参加を致しました。今年は全10チームが集まったと聞き、今年もこうして皆様に集まって頂き楽しく開催できることを大変嬉しく思っています。


選手の皆様


ジットセレモニーのみなさん


中央市田中市長様のお話の中で「長くスポーツを続けられることは素晴らしい事。日々の練習の成果を十分に発揮し頑張って下さい。」と選手の皆さんにエールを送られたそうです。


今回初めて参加させて頂いたジット萩原部長も「台風が心配される中、晴天で開催することができほっとしています。今日は怪我に気を付けて頑張って下さい。と挨拶をさせて頂いたと聞いております。


始球式の様子


昨年度優勝チームスマイルより優勝旗返還の様子




 今回台風で開催が心配させておりましたが、幸いに雨も降ることもなく、そして怪我もなく今年も無事にゲートボール大会を行う事ができ、感謝、感謝です!
また、大変有難いことに、毎年このゲートボール大会を楽しみにして頂いている方もたくさんいらっしゃいます。スポーツを通して、笑顔や元気をお届けし、地域の皆様と幸せの輪を共有できるよう、そして、来年、再来年もこの大会を続けられるように、ジットグループ一丸となり社業に努めてまいります。

2019ジット感謝祭

 10月10日はジットの日。日頃からお世話になっている地域の皆様にほんの心ばかりの恩返しとして、毎年感謝祭を行っております。
今年は初めて10日~12日まで3日間行いました。小さなお子様からお年寄りまで、たくさんのお客様にご来場いただき大変嬉しい一日でした。


3日間で約150名のお客様にお越し頂き、大変賑わいました。


ジットリサイクインクカートリッジをジットの日特別価格にて販売


写真用紙や新商品の販売


発売から様々な賞を受賞し評価を頂いている地元山梨県産のぶどうを“皮も種も”一粒まるごと使ったとろ〜り濃厚な「食べるジュース」も特別価格にて販売


今回はご来社頂いたお客様の様々なご要望にお答えできるようグループ会社ジットセレモニーより樹木葬霊園「桜花廟」相談ブースも午前限定で3日間設けました。


写真コンテストではジットリサイクルインクで印刷して頂いたお客様の素晴らしい作品が並び、会場を華やかに彩ってくれました。ありがとうございます。


お客様の声をご紹介致します。
「社内もとてもきれいで居心地のいい空間でした」
「毎年楽しみにさせて頂いております」
「とても丁寧なご対応で驚きました」
「初めて参加させていただいて、次回の感謝祭も今から楽しみです」
「写真コンテスト、見事な作品ばかりで楽しめました」
「年末に向けてインクを使うので安くて助かります。」
「楽しい時間を過ごせました。ありがとうございます。」
「社員の方々の笑顔がいいと思いました。」
「対応が良くいつ来ても気持ちが良いです。」
「家の近くにインクを製造している会社があることは知っていたが初めて来てみてよかったです。」


本年は3日間の期間開催で、1人1人のお客様とゆっくり会話をすることができ大変有意義で幸せな時間となりました。
最終日はあいにくの台風に見舞われましたが、雨の中でもたくさんのお客様にお越し頂き、過去最高の来場者数を記録しました。

 また来年もこの感謝祭を開催できるよう、そして地域の皆様の笑顔につながるよう、高品質な商品を山梨から日本中の皆様に発信していきます。
そして今年29年目を迎えることができ、日頃支えて頂いている皆さまに感謝、感謝です。来年30期もたくさんの皆様の笑顔が見られるよう、チームジット全力で行動してまいります。

甲府駅前街頭清掃

先日、毎月第1日曜日の朝5時50分から山梨掃除に学ぶ会様主催で行われている「甲府駅前街頭清掃」に前日も出勤日で貴重な休日にも拘わらず、30名ほどの社員たちが自主的に参加してくれました。感謝!感謝です!


道路の溝に詰まった枯葉もキレイに掃き取ります。


公衆電話についた砂埃も雑巾で綺麗に拭き上げ、利用する人が気持ちよく使えますように。


ベンチの下もこの季節は枯葉やゴミがたくさん風に吹かれて集まってきます。


こちらの2人は夫婦で参加してくれました。ありがとうございます。


閉会式では10月10日〜12日の期間で南アルプス市にあるジット本社で開催する感謝祭の告知もさせて頂きました。日頃の”感謝”の気持ちを直接お客様へお伝えできる機会となりますので私も楽しみにしています。


参加された皆さん全員で


参加したジットグループの仲間たちと

今回も多くの社員が早朝から掃除に参加してくれて本当に有難いです。お休みの日に社会のために時間を費やしてくれる社員がいる事を誇りに感じます。
当たり前なことは一つもありません。私たちがこうやって日々仕事が出来ているのもお客様や協力会社様、地元の皆さんのご協力あってのことです。「まず目の前のことに”感謝”し、そして全力で取り組む」毎日その繰り返しです。掃除を通して社会に貢献することができる毎月1回のこの機会を大切にこれからも地域に貢献しながら私自身、そして社員一人ひとりの人間力を上げていけるよう行動してまいります。

日本経営品質賞 現地審査

 当社では2018年に、日本経営品質賞の応募し、経営革新推進賞を受賞いたしました。2019年は更なるレベルアップを図ろうと、社内でチームを作り取り組みを行っております。本年も、書類審査を通過し、10月7日、8日と現地審査が行われ、審査員の皆様が山梨本社に来社されました。

 1日目は経営者、管理職との質疑応答があり、提出した資料に対する確認、当社で行っている様々な取り組みの背景や、効果などをお話しいたしました。2日目については、準社員やパート、新入社員、各部署に対する質問について、各部署の代表が回答いたしました。

 決して、賞を獲ることが目的ではなく、受賞に向けての取り組みの中で、自分たちの立ち位置を理解し、問題点を出し合い、改善をしていくことで一人一人が成長し、自分自身や周りの幸せに繋げていくことが応募の目的です。1年間、管理職社員を中心に全従業員で取り組んだことで、昨年の受賞時よりも従業員一人ひとりが成長できたと、現地審査を受けながら感じました。

 今後も、日本サービス大賞、ダイバーシティー企業100選への応募を通し、また違う側面より、更に成長をしていこうと取り組みを始めております。企業も、人も、一生勉強。これからも社員と一緒に成長をし、たくさんの皆様へジットから、元気や勇気を発信できるように、精進してまいります。

リコー様の工場見学へ行ってまいりました

 先日、株式会社リコー様の沼津事業所に伺いました。




工場の見学です。大変丁寧にご案内していただき、たくさん勉強させて頂きました。



皆様と意見交換する機会を頂きました。



全員で記念撮影です。皆様、大変お世話になりありがとうございました。


この写真を見るだけでも、リコー様が地域の皆様に愛されていることがわかります。

 こちらには何度か訪問させて頂いておりますが、訪れるたびに全てのレベルが数段上がっており大変勉強になります。基本中の基本である2S一つとってみても、当たり前のことを徹底するだけで、現場は見違えるほど美しくなります。働く従業員の皆様の安全と幸せが、お客様を笑顔にする商品づくりに直結していることを改めて学ばせて頂きました。さっそく帰りの車中で、一緒に出掛けた社員たちと会議を行い今すぐ弊社でもできること、また、期限を設けてすぐに取り組むことなどを決め、さらに翌日の朝礼の場で、全社員に向けて報告を致しました。

 リコー様が「人を愛し、国を愛し、勤めを愛す」の三愛精神を掲げ日本中の皆様から愛されているように、ジットグループも日々改善改革を実施し、日本の皆様を幸せにできる集団となれるよう精進してまいります。

2019年度内定式

今月1日、ジットグループ2019年度内定式を行い、5名の学生の皆さんに内定証書を授与致しました。




初めて彼らに出会った自社の会社説明会でも伝えた「成功は約束できないが成長は約束する」という言葉を深掘って話を致しました。


5名ともたくさん汗をかいて緊張していた様子ですが、人生に一度の内定式です、大変良い緊張感が出席者にも伝わってきました。

内定証書授与の様子です。

荒井さん、おめでとう!

河崎さん、おめでとう!

河澄さん、おめでとう!

白倉さん、おめでとう!

山本さん、おめでとう!


副社長からのお祝いの言葉の中に「大いに学び、大いに遊び残りの学生生活を謳歌すること」そして「会社や先輩社員たちと積極的に関わり、社会人生活を、心身ともに健康で充実した気持ちでスタートできるように準備をすること」とありました。そのとおりだと思います。


最後に「歓迎の歌」として社歌を出席者全員で歌いました。内定者の皆さんも少し照れていましたが、手拍子を打ちながら口ずさんでくれ、大変うれしくなりました。

 ジットグループの使命は5つの事業を通して社会に貢献することです。そして当たり前のことを当たり前に行動し、生かされている命を全力で燃やし行動することが私たちの仕事をする上での指針です。この経営理念に熱く共感し、ジットファミリーへの仲間入りを決めた5名との出会いに感謝、感謝です。入社式までに少し期間はありますが、自己の成長と周りの方の幸せのために、全力で行動してください。4月の入社を、従業員一同心より楽しみにしております。

トイレ掃除~掃除に学ぶ会~

 先日、掃除に学ぶ会の皆様にご指導いただき、ジットセレモニー甲府ホールにてトイレ掃除を行いました。新入社員を始め、入社3年目までの社員が参加しました。ありがとうございます。


リーダーから掃除の方法をしっかりと教えていただきました。


隅々まで磨きます。


普段の掃除ではやりきれない場所も徹底的にきれいにします。


掃除が終わると使った道具も一つ一つ丁寧きれいにします。


小さな汚れを手で感じとり汚れと向き合うために、掃除は素手で行います。仕事にも同じことが言えます。目の前の問題から逃げずにチャレンジする精神を掃除を通じて学んでいただきたいと思っております。



参加した社員からの感想を紹介させていただきます。

「見た目では綺麗だけど、実際触ってみると全然違って目に見えない汚れを
普段見落としているんだなと気づくことができました。お客様がいつ来ても気持ちよく使っていただけるようにこれからも丁寧に掃除をしていきます。」

「少し視点を変え、違う角度から見ることで気づかなかった汚れに気づくことができました。
トイレ掃除を通して学んだことを今後の仕事や私生活にも生かしていきます。」


 掃除は勉強であり、自分を磨くことでもあります。掃除を通して”気づき”や”学び”を身につけ、社員一人ひとりが成長していけるようこの取り組みを続けてまいります。