災害時における総合的支援に関する協定締結式

 本日、富士川町役場にて「災害時における総合的支援に関する協定締結式」が行われジットセレモニーの代表として出席してまいりました。甲斐市様、中央市様、市川三郷町に続いて4市町村目の協定締結となりました。


弊社所有のセレモニーホールを、市と連携し、災害時の避難施設として開放し、備蓄水、布団、ハンディライトなどを無償で提供することで、地域の皆様のお役に立つことができないかと、志村町長様に相談いたしましたところご快諾をいただきました。

 
調印の様子です



志村長様からも、「近年、非常に災害が多い中、被災地の一刻も早い復旧と亡くなった方の冥福を祈念するとともに、いつ何が起こるかわからない状況の中で、町民の安心と安全のためにしっかりと備えていきたい。また、この度の締結だけでなく、今後もジットグループと一緒に富士川町民の皆様のためになる活動をしていきたい」と力強いお言葉を頂戴いたしました。 


また井上議長様より「長い間をかけて築きあげてきた町、財産、尊い命が一瞬にして奪われてしまう。人間は自然の前には無力だが、。「人は心」をキャッチフレーズに、信頼・安心調査”山梨NO.1”の実績があるジットセレモニーの専門的な知識を借りながら 何かあった時には頼らせてもらいたい」とのお言葉を頂きました。

 弊社に出来ることはほんの小さなことですが、私自身が目の当たりにした被災地、実際に経験した札幌の大地震を踏まえ、考え行動した結果、またひとつ、このような協定締結が叶い嬉しく思っております。山梨県の一人でも多くの方に「ジットがあってよかった」と言っていただけるようこれからも様々な提案をしてまいります。
 

Leave a Reply