Archive for 11月, 2018

富士川町駅伝大会

火曜日, 11月 13th, 2018

 第9回甲州富士川まつりと同時開催された富士川町駅伝に今年もジットグループの代表が出場いたしました。


出走1時間半前、私の自宅前に選手とサポーターが集合です


6名の選手です。製造部1年生2名、業務部1年生、営業部1年生、たいよう2年生、製造部3年生です


先輩、後輩が差し入れを持って激励に駆けつけてくれました


いよいよスタートです。それぞれ頑張れ!


1区


2区


3区


応援にも力が入ります


4区


5区


6区


監督兼アンカー、がんばりました!


郷土料理の「みみ」を皆で頂くのも恒例です








最後に皆で記念撮影です

 今年は新生駅伝部が素晴らしい頑張りを見せてくれました。先輩方が残してきた軌跡を引き継ぎ、来年は今年よりも強く、早く、走れるように頑張ってください。繁忙期の貴重な休日に、仲間のため、地域のために必死に走ってくれた選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。また、陰で選手たちを支えてくれた皆さん、本当にありがとうございました。皆さんに感謝、感謝、感謝です。

誕生日の食事会

木曜日, 11月 8th, 2018

 先週末、準社員の皆さん4人と誕生日の食事会を行いました。皆さん、おめでとうございます。


 入社16年目の大ベテランさんから、入社1年目の最近仲間に入った方まで一緒の食事会でしたが、様々な意見が出て大変有意義な時間を過ごすことができました。

 感想を紹介させていただきます。
『お忙しい中、お誕生日会をしてくださりありがとうございました。仲間の仕事とは違った一面を見ることができ、また話を聞くことができ、よい時間を過ごすことができました。これからもジットの発展のために頑張っていこうと思いました。セレモニーの皆様、遅い時間まで対応していただきとても感謝しています。ありがとうございました。』(入社15年目 製造部準社員)

『お食事会を開いて頂き、有難うございました。普段、かかわりのない部署の人とも話をすることができ楽しい時間を過ごせました。これからも一生懸命良い製品をつくるよう努力します。本当に有難うございました。』(入社10年目 製造部準社員)

『本日はお食事会を開いていただきありがとうございます。ふだんは日本全国、世界各国を飛び回り多忙な社長と私たち準社員はなかなか顔を合わせることは少ないのですが、おいしい料理を頂きながら、仕事の事、私生活の事、たくさん話をして、私たち一人一人に耳を傾けてくれる社長の想いを感じることができ、とても嬉しく思いました。よく食べ、よく笑い、楽しい時間をつくっていただきありがとうございました。これからの繁忙期も頑張ります。寒くなってまいりましたので、社長もご自愛ください』(入社9年目 製造部準社員)

『入社してもうすぐ1年の新人ですが、このような誕生日のお祝いをして頂けるとは思ってもいなかったので、驚きとてもうれしかったです。本当にありがとうございました。普段、あまりお話する機会のなかった先輩方とお話もできたり、社長もとても気さくにはなしかけて下さり、棚の志位時間を過ごしました。お忙しい中、こんな素敵な時間を作って下さり、お招き下さり、本当にありがとうございました。これを励みにまた頑張っていきます。』(入社1年目 業務部準社員)


入社1年目の秋山さんが本日の御礼にと、私の似顔絵を描いてプレゼントしてくださいました。感謝、感謝です。

 皆さんの明るい笑顔と笑い声に、私もたくさんの元気を頂きました。働いて下さっている皆さんの幸せのためにも、毎年趣向を変えながら、この会を継続していけるよう私もまた頑張ってまいります。

櫛形山除草作業

火曜日, 11月 6th, 2018

2013年に南アルプス市と締結されたグリーンパートナーズ協定に基づく自然保護活動の一環として、私たちジットグループは毎年この時期に櫛形山裸山アヤメ群落周辺の除草作業を実施しております。自然記念物の櫛形山のアヤメの激減に伴い、その保全対策の一環として行っているもので、南アルプス市役所の職員の方と櫛形山に登り、櫛形山アヤメ保全対策検討会委員の方々の指導のもと、除草作業を実施しました。


南アルプス市長様の代理として総務部長の増山様が激励に駆けつけてくださり、市長様からのお言葉を伝えて下さいました。

市長様のお言葉より
『ジットグループ様には、この櫛形山の除草作業においていも、それ以外の場面においても、日頃より市政へご協力いただいており大変感謝しています。2014年にユネスコエコパークとして登録される以前から、グリーンパートナーズ協定を締結し、自然保護に対する深い理解と環境保全活動は、他の模範となる活動であります。今後も地域をあげて、この美しい自然を守っていけるように、市としても取り組んでいきたいと思います。』

 早朝より駆けつけて下さった増山様、温かいお言葉を下さった市長様、誠にありがとうございます。

いよいよ出発です。





若い皆さんには負けません!最年長の指導員の方と先頭を歩きます。



美しい絶景がなによりのご褒美です。

自然の中で食べるおにぎりのおいしさ!!

まだまだ元気いっぱいの3年生

まずは頂上に到着!

少し下ったところでいよいよ除草作業です





この枯草をすべて刈り取ります!!

小学2年生の男の子も大人顔負けの働きっぷりでした





掃除のあとの社員の皆さんの清々しい表情が本当に素晴らしいです


 空気が澄みきった爽やかな秋空の下、今回ジットグループの代表として参加してくれた約50名。感謝感謝です。今後も地元である櫛形山の掃除を通して心と体の洗練を行うとともに、世界中の方が「美しい櫛形山に登ってみたい!!」と言っていただけるように継続して行ってまいります。

 最後に、一日大変お世話になりました南アルプス市の職員の皆様、櫛形山アヤメ保全対策検討会委員の皆様、本当にありがとうございました。

誕生日の食事会

金曜日, 11月 2nd, 2018

先日、10月の誕生日会をいたしました。業務部、営業部、山梨Madeから4名の社員が参加しました。皆さんおめでとうございます。



 部署も年代も超えたメンバーでしたが、楽しく飲んで食べて、熱く仕事の話をし、大変有意義な時間となりました。

 社員からの感想を紹介させていただきます。

『本日は美味しい料理をありがとうございます。日ごろ集まる機会の少ないメンバーの話しが聞けて楽しかったです。最後に最高級な日本酒も出していただき、良い香りとすっきりとした味に驚きました。本当に楽しいお時間をありがとうございます。』業務部 部長代理

『素敵な誕生日会をありがとうございました。誕生日をお祝いしてもらえたことはもちろん、普段なかなか話せない他業部のメンバーと一緒に食事ができ、大変嬉しく、そして楽しい時間を過ごさせていただきました。料理も非常に豪華で秋の味覚を堪能し、至福のひとときでした。上司からも励みになるメッセージをいただきましたので、年齢を重ねると同時また1つ成長できるよう精進して参ります。日々周りの皆様への感謝の気持ちを忘れず、素直な心と謙虚な気持ちで行動していきます。』山梨Made 主任

『このような食事会を開いて頂き、ありがとうございました。私が担当している業務の話が上がりました。問題点を話すと、社長がすぐに対応してくださいました。私も自分ができることはすぐに段取り行動していきます。また、山梨Madeの山梨ギフトコンテスト2位の話題では、起業したての山梨Madeに一般の方から多くの票が入ったことに本当に感激致しましたし、担当の主任の話も聞くことができ、私自身とても有意義な時間となりました。
私はあまり本社にいることがないため、今後はイベント以外でも他部署の方と積極的にコミュニケーションをとりながら情報交換をしていき、営業に繋げ回収を上げれるよう行動して参ります。』営業部 2年目社員


『土曜日は社長の貴重な時間を誕生日会に使って頂き誠にありがとうございました。普段会社にあまり居ない私にとって色々な話が出来てとても有意義な時間を過ごさせて頂きました。私の仕事である空カートリッジの回収業務は、社員の皆さん、自分の周りの人達の幸せにつながっているという事がとても印象的でした。ジットはリサイクルインクの会社なので空カートリッジの回収が安定しないと商品提供がお客様に出来ない、また営業部の仲間が日々頑張って頂いた注文にも対応しきれない事が起こってしまいます。私は回収メンバーの一員として回収量をあげていくのが使命であり、もっとこれから全国各地にジットの回収ボックスを設置する事がどれほど大事であるかを改めて認識する事が出来ました。今後私に出来る事は一日一件でも多くのお客様を訪問し、たくさんの人達にジットの取り組み、リサイクルインクの存在を知ってもらい一つでも多く空カートリッジを回収ボックスに入れて頂けるように丁寧な説明をし、「ジットさんの回収ボックスなら置いてもいいですよ」と言って頂けるような提案を出来るように日々精進して行きます。』入社1年目 営業部社員

 皆さん、それぞれの事業でしっかりと使命を果たし、生きているという実感を共に味わい、山梨から日本へ、日本から世界へと幸せの輪を広げていきましょう。



災害時における総合的支援に関する協定締結式

木曜日, 11月 1st, 2018

 本日、富士川町役場にて「災害時における総合的支援に関する協定締結式」が行われジットセレモニーの代表として出席してまいりました。甲斐市様、中央市様、市川三郷町に続いて4市町村目の協定締結となりました。


弊社所有のセレモニーホールを、市と連携し、災害時の避難施設として開放し、備蓄水、布団、ハンディライトなどを無償で提供することで、地域の皆様のお役に立つことができないかと、志村町長様に相談いたしましたところご快諾をいただきました。

 
調印の様子です



志村長様からも、「近年、非常に災害が多い中、被災地の一刻も早い復旧と亡くなった方の冥福を祈念するとともに、いつ何が起こるかわからない状況の中で、町民の安心と安全のためにしっかりと備えていきたい。また、この度の締結だけでなく、今後もジットグループと一緒に富士川町民の皆様のためになる活動をしていきたい」と力強いお言葉を頂戴いたしました。 


また井上議長様より「長い間をかけて築きあげてきた町、財産、尊い命が一瞬にして奪われてしまう。人間は自然の前には無力だが、。「人は心」をキャッチフレーズに、信頼・安心調査”山梨NO.1”の実績があるジットセレモニーの専門的な知識を借りながら 何かあった時には頼らせてもらいたい」とのお言葉を頂きました。

 弊社に出来ることはほんの小さなことですが、私自身が目の当たりにした被災地、実際に経験した札幌の大地震を踏まえ、考え行動した結果、またひとつ、このような協定締結が叶い嬉しく思っております。山梨県の一人でも多くの方に「ジットがあってよかった」と言っていただけるようこれからも様々な提案をしてまいります。