ジット株式会社

SDGsへの取組みSDGs ACTION

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に国連サミットで採択された
「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までの国際社会共通の目標です。
そこには持続可能な世界を実現するための17の目標と169のターゲットが示されています。

ジットグループでは、SDGs を国際社会の重要な目標と捉え、
下記の通り取り組みを継続的に実施することで、
「誰一人取り残されない」国際社会、持続可能な社会の実現させます。

グループの事業として、下記の目標について、実施を行っております。

[1] 貧困をなくそう

1.貧困をなくそう

【貧困層及び脆弱な立場にある人々の支援】

  • 使用済みインクカートリッジ回収に伴う募金活動 (14,160 万円 → 23,210 万円)
  • こども食堂を通して元気と笑顔の輪を広げる活動 (年間10 回開催)

ジットグループの取り組みはこちら

[2] 飢餓をゼロに

2.飢餓をゼロに

【栄養不良を解消し、すべての人々の栄養ニーズに対処する】

  • 食べるジュースの生産・販売促進 (36,240 本 → 400,000 本)

ジットグループの取り組みはこちら

[3] すべての人に健康と福祉を

3.すべての人に健康と福祉を

【医療ヘルスケア事業の拡充による感染症疾患の減少】

  • 医療ヘルスケア商品の生産・販売促進 医療用マスクの生産(102 万枚 → 2,390 万枚)

ジットグループの取り組みはこちら

[4] 質の高い教育をみんなに

4.質の高い教育をみんなに

【研修を通じた従業員の人財育成】

  • 従業員育成の充実 (年間440 名参加)

ジットグループの取り組みはこちら

[5] ジェンダー平等を実現しよう

5.ジェンダー平等を実現しよう

【女性が働きやすい職場環境整備】

  • にこにこキッズ保育園の運営 (24 名→80 名)
  • 育児休暇取得 (100%)
  • 産後復帰率 (100%)
  • 定時退社 (100%)

ジットグループの取り組みはこちら

[6] 安全な水とトイレを世界中に

6.安全な水とトイレを世界中に

【有害物質を使わない製品開発、有害物質汚染の防止】

  • 有害化学物質の使用率 (0%)
  • 廃液 ・排出物の削減 (7800リットル → 106リットル)

[7] エネルギーをみんなに そしてクリーンに

7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

【太陽光発電の活用・維持、省エネの強化】

  • 太陽光パネルの維持による再生エネルギー活用 (メンテナンスにより年間395,007kwの発電量を維持)
  • HV 車・EV 車採用 (78%→100%)
  • LED 照明の採用 (282 本→674 本)

[8] 働きがいも経済成長も

8.働きがいも経済成長も

【就労による高齢者と障がい者の働き甲斐、生きがいの提供】

  • シルバー人材 (65 歳以上)の雇用 (10 名→24 名)
  • 障がい者の就労機会の拡充 (77 名→143 名)

ジットグループの取り組みはこちら

[9] 産業と技術革新の基盤をつくろう

9.産業と技術革新の基盤をつくろう

【環境に配慮した有機性の資源・技術導入による資源消費の削減】

  • 石油資源の節約によるバイオマス資材採用件数 (1 件→7 件)
  • 廃プラリサイクル処理プラントによる廃棄物削減 (2023年導入、稼働開始)

[10] 人や国の不平等をなくそう

10.人や国の不平等をなくそう

【低所得障がい者の生活水準を上げる】

  • 障がい福祉サービス事業所(たいよう)での自立に向けた就労支援
    (就労継続支援B 型の毎年3%の工賃増加)

ジットグループの取り組みはこちら

[11] 住み続けられるまちづくりを

11.住み続けられるまちづくりを

【被災地域及び住人の被害低減・植物育成による社員教育】

  • 各自治体との災害協定 (備蓄品提供:31種類/4136個→40種類/4766個)
  • ジットグループ管理の育成植物本数 (334 本→668 本)

ジットグループの取り組みはこちら

[12] つくる責任 つかう責任

12.つくる責任 つかう責任

【リサイクルの推進、資材リユース強化による廃棄物削減】

  • 使用済みインクカートリッジのリサイクルによる廃棄物削減 (回収重量78 万t→156 万t)
  • 出荷用ダンボールの再利用率 (50%→100%)
  • 梱包材再利用 (100%)
  • 回収BOXの再利用 (70%→100%)
  • コピー用紙の再利用 (90%→100%)

ジットグループの取り組みはこちら

[13] 気候変動に具体的な対策を

13.気候変動に具体的な対策を

【インクカートリッジリサイクルに伴うCO2 の抑制】

  • 使用済みインクカートリッジのリサイクルによるCO2 の抑制 (1,989t→3,978t)

ジットグループの取り組みはこちら

[14] 海の豊かさを守ろう

14.海の豊かさを守ろう

【プラスチックごみによる水質汚染抑制、地域貢献を通して海洋汚染の防止】

  • 使用済みインクカートリッジの回収数 (2,600 万個→5,200 万個)
  • 地域河川清掃活動 (9 名→18 名)
  • 地域清掃活動 (262 名→388 名)
  • 桜花廟清掃活動
  • 甲府駅前清掃活動 (364 名→664 名)

ジットグループの取り組みはこちら

[15] 陸の豊かさも守ろう

15.陸の豊かさも守ろう

【緑の保全、絶滅危惧種の保護、野生種の遺伝的多様性の保全】

  • ジットビレッジ設置に伴う自然環境の維持・改善 (2021 年着工→2030 年完成)
  • 南アルプス市グリーンパートナーズ協定によるアヤメの保全活動参加人数 (年間48 名→125 名)

ジットグループの取り組みはこちら

[16] 平和と公正をすべての人に

16.平和と公正をすべての人に

【企業理念浸透による高いモラルの維持】

  • 朝礼や社員教育による経営理念の浸透
  • 従業員満足度調査 (94.1%→95%)

ジットグループの取り組みはこちら

[17] パートナーシップで目標を達成しよう

17.パートナーシップで目標を達成しよう

【10年間の各グループの目標を明確にして共有】

  • 中期経営計画策定の実施
  • 日本経営品質賞・SDGsの取り組み認定セルフアセッサー (4名→30名)

山梨学院大学 金子 勝一氏らによって、SDGsの実践企業ということで当社の取り組みについて論文で取り上げられました。

ページトップへ