会社紹介

時代の求めに応じ必要な製品・サービスを必要な人に、必要なだけ。

社名の由来 ~ 『JIT』に込められた念い~

Just In Time ジット = ジャストインタイム

その時代、時代に必要な製品・サービスを必要な人に、必要なだけお届けする。

このジャストインタイムの思想に共感された創業者である石坂社長によって付けられて以来、ジット株式会社は、その時代時代によって様々な事業に挑戦し続けています。

ジットはスピードが命。

「あったらいいな」を絶対に諦めずに商品化し、地元山梨から世界に夢、元気、勇気、希望を伝え、社会に貢献する企業を目指します。

詳しく読む

ジットは、お客様の「あったらいいな」の声を、世界で一番早く商品化してきました。
その一つが、自動で爪にプリントができるネイルアートマシンです。まだネイルアートが専門店でしかできない時代に、「自動で爪に印刷できないかな」の声で、社員7名の技術力も知識もない中、ゼロの状態から開発し1996年に世界で初めて商品化しました。2つ目は使用済みインクカートリッジを再利用したリサイクルインクです。「カートリッジの処分にはお金がかかり、更にゴミが生じて「もったいない」の声から、1999年に世界で初めてリサイクルインクを商品化しました。一般に廃棄されていた使用済みカートリッジを回収できるようになるまでには、BOXの設置もままならない状況の中で、お客様に浸透するまでには数年を要しました。
回収システムが定着したことによって、ゴミを減らし、CO2の抑制に貢献しています。
3つ目は、世界初のスケルトンカートリッジの増量タイプ「たっぷりント」です。
「中身が見えず最後まで使えているか分からない」、「インクがすぐに無くなる」の声から、3年の年月と技術力をかけて2009年に商品化しました。たっぷりントは、残量が一目で分かる構造で、生インク増量タイプの最後まで使いきれる世界初のインクカートリッジです。
その開発過程の中で、技術開発部が充実し、リサイクルインク業界では唯一インクの内製化に成功しました。現在ではリサイクルインクをはじめ、全商品に自社製インクを使用しています。更なる高品質化を目指し、日々改善改革を進めています。
2010年度リサイクルインク販売個数第1位と、日本での国内生産数ダントツ第1位が注目され、アサヒカメラで当社と純正メーカーとの比較が掲載され、高い評価を得られるまでになりました。現在、非純正インクメーカーでの生産数量で世界第7位です。
また、世界の環境を守るために昨年からアジアに販売を開始し、今なお世界にない「あったらいいな」の商品を開発中です。
ジットはこれからも永遠に、一人でも多くの皆様に、夢、元気、勇気を伝え、地元山梨から世界に社会貢献する企業を目指します。

ロゴマーク ~ジットの念いを表現したビジュアル・アイデンティティ~

コンセプト
「創業の精神」から読み取れる”人とのつながり・ふれあい”をもとに、「人のつながり」や「寄り添う姿」または「支えあう姿」を、「JIT」の文字にオーバーラップさせてデザインされています。
「jit」の形状は”人が連なって歩いている姿”を模しています。先頭の「j」は”ジット”を、中央の「i」はお客様を表現しています。右の「t」はそれに続く・つながる(tsuzuku、tsunagaru)人々を意味しています。ジットの提供するプロダクツやサービスに共感した人々を、次のステージ(生活環境)に先導していく様子をイメージしています。
ジットグループ ロゴに込められた念い
ジットグループロゴは、ジット株式会社、株式会社ジットセレモニー、NPO法人ジット会たいようなどのジットグループ全体を示す際に使用いたします。下部にシンプルな字体で「JIT GROUP」と配してあります。
ジット株式会社 ロゴに込められた念い
ジット株式会社ロゴは、上部にブランド・サブエレメントの正方形群がデザインされています。これは「インクのドット」と「ジャストインタイム」でスピーディーに広がっていく(ジットの精神が込められた)商品群をイメージしています。また、下部には「Passion and progress」と情熱・進歩発展を意味するキーワード配しています。

ジット・ブルー ~グループのシンボルを表す大切な 「コーポレートカラー」~

  • コーポレートカラー
    ジットブルー
  • ブランドサブカラー
    ジット・スカイブルー

コーポレートカラーの青色「ジット・ブルー」は、人の起源・生命を育んだ広大な海を意図し、新たな価値観・新たなサービスを生み出すジットの”創造の海”を意味しています。
リサイクルインク事業(ジット株式会社)と、セレモニー事業(株式会社ジットセレモニー)の各ブランドには、「ジット・スカイブルー」のブランド・サブカラーを設定。”さらなる高み(天頂)へ”の意味と、晴天のような”澄み切った爽やかなサービス”をイメージしています。
コーポレートカラー「ジット・ブルー」とブランド・サブカラー「ジット・スカイブルー」の2色セットで”地球”をイメージしています。山梨から世界へと拡大する「ジット」の思いをメッセージしています。

ISO14001・ISO9001の取得

ISO9001 品質基本方針
認証機関:一般財団法人 日本科学技術連盟
登録番号:JUSE-RA‐1868
初回認証日:2006年09月20日
更新日:2015年8月30日  
ISO9001 証明書を表示
ジット株式会社 本社 / 株式会社ジットセレモニー

ジットグループは心で商品・サービスを創造します。
安心を売り、信頼を売り、スピードを売ります。

  1. 顧客の要求事項に合わせて、品質、コスト、納期の継続的改善に努めます。
  2. 品質目標を設定し、その目標達成に向け努力します。
  3. 品質マネジメントの有効性を継続的に改善します。
  4. 法令・規制要求事項を遵守します。
  5. 経営資源(人、物、建物、設備、機械)の提供をする。
ISO14001 環境基本方針
認証機関:一般財団法人 日本科学技術連盟
登録番号:JUSE-EG-540
初回認証日:2002年10月18日
更新日:2014年10月18日  
ISO14001 証明書を表示
ジット株式会社 本社

ジット株式会社は顧客ニーズに対して如何に早く、満足度の高い商品を提供できるかをテーマにグリーンネットワークの核として 地球環境保全に貢献します。

  1. ジット株式会社は、リユース・リサイクル製品を含むOA機器消耗品の製造販売を通じ地球環境保全の活動を推進する為、環境マネジメントシステムを 構築することとし、ジットグループが活動できる組織を整備します。
  2. ジット株式会社では企業が抱えている様々な無駄と問題点をスピーディーな対応とコスト削減を提案する形で業務を提案します。と同時に、環境汚染の 予防と循環型社会の構築を進め、グリーンネットワークづくりに努めます。
  3. 企業活動が環境に与える影響を的確に捉え、技術的、経済的に可能な範囲で環境目的・目標を定めて環境保全活動の継続的な向上を図ります。
  4. 環境関連の法律、規制、協定などを遵守し、環境保全に取り組みます。
  5. 地球資源の保護と有効利用を目的に次の活動を積極的に推進します。
    ・電力使用量を削減します。
    ・紙資源を有効活用し使用量を削減します。
    ・廃棄物全般をリサイクル資源化し、排出量を削減します。
    ・リユース・リサイクルによる商品化に努め、資源の有効利用を図ります。
  6. 内部環境監査を実施し、環境マネジメントシステムと環境パフォーマンスの継続的な改善に取り組みます。
  7. 環境に関して社会へ貢献する為に、地域などで身近に取り組める環境保全活動への参加を積極的に支援します。
  8. 環境教育を実施し、ジット株式会社環境基本方針を全社員に理解させると共に環境に関する意識向上を図ります。この環境基本方針は社内外に公表します。
  • 回収BOXを設置してください。
    地球のため「もったいない」の心を広めましょう。
  • ジットグループは、創業25周年を記念して
    ロゴマークを一新いたしました。

会社紹介 関連ページ こちらもご覧ください

ページトップへ